• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
Home » 医者になるには?キホン知識

医者になるためのキホン知識

医者になるためのキホン知識

医者になるまでに一体どんなステップを踏む?

医者は専門知識と技術を身につけ、国から免許を発行され、さらに一定期間の研修を受けて初めて活動することができる専門職です。
専門知識を身に付けるためには大学の医学部で学ぶ必要があり、医師免許を取るためには国家試験にパスしなければいけません。誰でもなれるわけじゃない医者への道を進む前に、気になるギモンをズバッと解決しておきましょう!

医者になるにはどうする?FAQ

どうすれば医者になれる?

医者は国から許可された医師国家免許を持つ人だけが就ける仕事です。では免許を取るにはどんな勉強をすればいいのでしょうか。大学は?国家試験ってどんなテスト?まずは医者になるまでの基本ルートを確認しておきましょう。

医者になるための資格とは

最短どのくらいかかる?

医者になるには大学の医学部を卒業し、医師国家試験に合格し、その後最低2年間の研修を受ける必要があります。ここまでは絶対クリアしなければならないプロセスです。では最短で医者になるにはどれくらいかかるのでしょうか。一人前になるまでは?開業までの具体的な期間は?ここでは、そんな気になる医師までの道のりについて解説しています。

医者になるまでにかかる期間

費用はいくら必要?

「医者になるにはお金がかかる」というイメージがあります。では具体的に医学部を卒業するまでには、どのくらいかかるのでしょうか。医学部受験にかかる費用から、国公立医学部に進んだ場合の学費、私立大学に進んだ場合の学費など、医学部にまつわるお金の話をまとめました。

医者になるために必要な費用

大学はどう選ぶ?

全国に医学部がある大学は80校。特に定員に増減がなく、学費も安い国公立は年々競争が激化しています。一方、私立は大学によって入試内容も学費も大きく異なるため、よく考えて絞り込むことが大切。医学部に合格するための大学選びのポイントを考えます。

医学部のある大学の選び方

どんな受験方式がある?

医学部を受験するには一般入試だけでなく、推薦入試やAO入試を選ぶという方法もあります。推薦入試やAO入試は大学によって独自の選抜方法をとっており、ほとんど情報が出回らないのが難点ですが、一般入試より倍率が低く医学部合格のチャンスを増やす道として人気です。

医学部の受験方式について

診療科目ごとの違いは?

医師免許を取得し、2年間の初期研修を終えると、多くの診療科の中から専門1つに絞っていくことになります。どうやって専門領域を選び、専門医の資格を取得できるのでしょうか?各科の違いや専門決定のプロセスなどを紹介します。

内科医・外科医ほか
診療科目の基本

社会人からでも医者になれる?

最近ではいったん社会人になってから医学部をめざす人や、他の学部に在学または卒業してから医学部に入りなおそうとする人は少なくありません。社会人から医学部にチャレンジするのは大変?どんなことに気を付ければいい?社会人からの挑戦について解説します。

社会人から医者になるには

可能な限り早く医師になるためには?

もっとも早く医師になるには「つまずかないこと」が一番の条件。大学受験で失敗し、浪人してしまうと最短で医師になることはほぼ不可能です。現役で合格するためには、わからないことはその場でつぶしておくことも大事ですが、大学によって出題される傾向や得点配分もしっかり理解することも重要なこと。さらに自分自身は何が得意で何が不得意かどうかも把握しておく必要があります。ただ、勉強するだけでなく、自分自身や大学のことも深く理解しておけばより合格への道が切り開けます。

医者になりたい人たちの声

医者になるための費用が心配です

私は小学6年生の時に病気を患い、県内のこども病院へ通っていました。担当医の先生が優しく対応してくれたことと、友達が亡くなったことをきっかけに、私も人の命を救う仕事がしたいと思うように…。 現在は身体も元気になり「医師になる」という夢に向かって毎日勉強を頑張っています。 ただ、私の家庭は決して裕福とはいえず、医者になるための多額の費用が必要になるため、親を苦しめてしまうのではないかと心配しています。

コメント

小さいころから病気を患っていたことをきっかけに医師になる夢を持っていることで、こちらの方はきっといいお医者さんになりそうですね。

しかし、医師になるためには大学に進学しなくてはいけません。大学の医学部は6年間在籍しなければいけないので、かなりの費用がかかってしまうもの。医者を目指す人の多くは、お金の面で苦労している人も少なくはないでしょう。

学力が足りなくて不安です

私は小さいころから医者になる夢を持っていますが、小学校の頃は特に勉強に力を入れていませんでした。中学2年となった今でもその夢を持ち続けているのですが、現時点で塾の勉強についていけず、最近塾をやめてしまいました。親からもあきれられていて、「もうお金は出せない」と断られてしまいました。今では、医師になることをあきらめようかと考えています。

コメント

医者になる夢を持つことは、とても素晴らしいことです。しかし、医師になるには決して楽な道とは言えないはず。医師になる方の多くは、私立・進学校に進んでいるか、公立の中学・高校では常に上位の成績をとらないといけません。

世の中には成績が思うようにいかなくても、努力し続けれて成績を伸ばしている方も多くいます。周りの意見に左右されず、自分の中で強い芯を持ち続けることが大切なのかもしれませんね。

30代からでも医師を目指すことは可能ですか?

高校の頃に産婦人科医を目指していましたが、その時は理数系が弱く、受験で失敗。諦めて文系の大学に進み、今は教師を勤めています。

しかし、親族の入院に付き添うことが増え、それと同時に改めて人助けの仕事がしたいという思いが強くなりました。決して今の仕事に不満を持っているわけではないのですが、30代になった私でもこれから医師になろうと思っています。

コメント

大人になった今でも、医師になりたいという方は少なくありません。母親となった30代女性も子供を預けながら医大へ進み、立派な医師となった方や、50代から看護師になる人もいるようです。

教師も立派な仕事ですが、現状に満足せず心の底から「人の力になりたい」そういう気持ちを持つことだけでもすごいこと!だからと言って必ず医師になれるという保証はありませんが、不可能ではないのでぜひチャレンジしてみるとよいでしょう。

どのくらいの偏差値があれば医学部へ行ける?

医学部を受験するには1年の終わりにセンター7割取れるくらいになっていなければならないようですが、私が通っている高校は中堅の私立です。私は大震災をきっかけに「医師になって多くの人を救いたい」と強く思いました。ですが、このままでは医学部に入れるかどうか不安でいっぱいです。医学部に受験する人はどのようにして勉強しているのでしょうか。

コメント

医師になることはそう簡単なことではありません。不安を持っている方は決して少なくないはず。だからこそ、みんな必死になって毎日勉強しているのでしょう。不安を持ち続けることは大事なこと。1分1秒無駄にしないよう、必死になって勉強しないといけません。このような苦労を乗り越えれば、きっと医師への道へとつながることでしょう。

医学部受験を突破するための戦略

学力だけじゃダメ!医学部合格に必要な「戦略」とは

ページ上部へ戻る