• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
Home » 医者になるには?キホン知識 » どんな受験方式がある?

医者になるためのキホン知識
医学部の選び方~受験方式の種類~

私立医学部の志願者数がついに10万人を突破し、一般入試の難易度の高さや半数に満たない現役合格率の低さ、医学部受験者の多浪化が年々加速している医学部受験。熾烈な一般入試を勝ち抜く以外に、何か方法はないだろうかと考えるのは当然でしょう。

全国の国公立や私立の中には推薦入試やAO入試を実施している医学部もあり、一般入試より倍率は低めなのが一般的です。ただし、医学部に適性がある生徒だけが合格できるため、一般入試とは違う意味でシビアな面があります。

医学部受験の方式について

国公立の推薦入試

国公立医学部では多くの大学が推薦入試を導入しており、一般入試に比べると倍率は低いと言われていますが、受験資格にトップレベルの学力が求められるため、決して楽な道とはいえません。

私立の推薦入試

私立大でも推薦入試を採用している大学がありますが、国公立同様高いレベルの学力が求められます。また大学によって入試内容が大きく異なるため、志望校に合わせて入念な準備が欠かせません。

AO入試

国公立や私立では推薦入試のほかに、AO入試を導入している大学がいくつかあります。しかしその数は非常に少ないため狭き門といえます。学力以外の入試科目が資質を見極めるため特殊なケースが多く、その内容はもちろんどの大学も公開はされていません。

国公立の推薦入試

国公立の大半は公募制推薦を採用しています。2015年度は東京大学医学部が初の推薦入試を導入し、大きな話題となりました。また、地方の大学では地域の医師不足を解消するための処置として、「地域枠」や「地域医療特別枠」などの名称で特別推薦枠を設けているところもあります。浪人でも受験可能な大学も一部あります。

超難関といわれる一般入試に比べると、国公立の推薦入試はおおむね倍率が低いのが特徴です。ただし、それはあくまで推薦枠に応募できる人材自体が限られているためで、ほとんどの大学では高校の成績がA~E評価であればAランク、5段階評価で4.3以上であることが受験資格となっており、この時点で多くの志望者が振り落とされます。

また応募できたとしても一般入試と同等の学力が求められ、センター入試の受験が定められている大学も多いため、一般入試にも対応できるだけの高い学力を身につけておく必要があります。

国公立の推薦入試は大学によって入試科目に差があり、小論文や面接、記述・論述式の試験など、推薦用に対策が必要な内容であることがほとんどです。特に面接は必ず行われますので、志望校についてしっかり学習し、志望動機を自分の言葉でしっかり語れるようトレーニングしておくことが必要です。

私立の推薦入試

私立大の医学部では指定校推薦、公募制推薦、地域枠推薦などが利用できます。私立の推薦入試で求められる成績は、国公立ほど厳しくはありませんが、それでも5段階評価で4以上という大学が大半を占めています。基礎学力が高いことは大前提となります。

推薦入試では英語、理科、数学を中心に、大学によっては一般常識問題なども出題されます。マークシートや選択問題は少なく、記述式を採用している大学が多い傾向があります。過去問などもほとんど出回らないため対策が難しく、基礎的な問題を記述式で明確に答える訓練が必要でしょう。

また小論文と面接は、ほぼ必須と考えたほうが妥当です。中にはグループ討論が行われる大学もありますので、自分の考えをしっかりと発言できるスキルが求められます。国公立同様、志望校に対する理解や、どんな医者になりたいのかといった将来の展望などを質問される可能性が高いので、それに向けて準備が必要です。私立については情報量が少ないため、医学部専門予備校などで情報を入手するのも1つの方法といえます。

AO入試について

推薦入試に比べると、AO入試を実施している医学部の数は国公立が10校、私立が2校と、極端に少なくなります。若干名の募集から40名近い募集まで大学によってさまざまで、地域枠を設けている大学もあります。

AO入試については受験内容が特殊なことが多く、その内容についてはほとんど公表されていません。ただしAO入試は大学が求める学生像(アドミッションポリシー)に基づいて、学力を含めてさまざまな角度から選抜される入試です。募集趣旨を理解して、自分がいかに大学の求める学生像に合っているかどうかをアピールできるかが、合格の鍵を握っています。

もちろんセンター試験で高得点が見込める基礎的な学力は必須です。小論文や英文読解力、コミュニケーション能力をはじめ、リーダシップや探求心など、学生の規範となるような優れた学生が求められます。1次・2次試験としてセンター試験の受験が課せられる大学もありますので、AO入試をめざすとしても受験勉強は念入りにしておきましょう。

ページ上部へ戻る