• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
HOME » 医者になるには?キホン知識 » 費用はいくら必要?

医者になるためのキホン知識
医者になるには費用はいくら必要?

一般的に「学費が高い」というイメージが強い医学部ですが、実際のところはどうなのでしょうか。費用面を考えてみると、医学部に進学するための費用は受験時の受験料、入学金、医学部を卒業するまでの6年間の学費が最低でもかかります。

受験料や学費が学校によって大きく異なるため、どの大学をいくつ受験するのか、国公立と私立のどちらに進むのか、また自宅から通学できるかどうかによって、トータルの予算は大きく変わってきます。

医学部で学ぶための費用の内訳

医学部受験にかかる費用

意外と計算に入れるのを忘れてしまうのが、医学部の受験費用。国公立は一律で決められているため目安がわかりますが、私立大学の場合は大学によって学費が異なるため注意が必要です。さらに会場までの交通費や滞在費なども考えて予算を立てましょう。

国立大学医学部にかかる費用

国公立大学の場合は医学部を含め、学費が全学部ほぼ一律で設定されています。そのため6年間医学部に通っても学費はリーズナブル。学費が高いというイメージが強い医学部ですが、国公立なら一般家庭の人でも十分通うことが可能です。

私立大学医学部にかかる費用

「医学部は学費が高い」というイメージを決定づけているのが、私立大学の学費の高さにあります。私立大学の全国平均を国公立と比べると、およそ10倍。最も安い大学でも2,000万円以上しますので、私立大学に進むなら経済力は絶対条件となります。

医学部受験にかかる費用

医学部を受験するためには、まず受験料がかかります。国公立の受験料は一律に設定されていますが、私立の医学部を受験する場合は、志望校によって大きく異なります。

国公立大学

国公立大学 検定料
センター試験 12,000円(2教科以下受験)
18,000円(3教科以上受験)
(成績通知を希望する人は+800円が必要になります)
2次試験 17,000円

たとえば国立大をセンターで3教科以上受け、2次試験まで1校受けると35,000円かかる計算になります。

私立大学

私立大学 検定料
センター試験 12,000円(2教科以下受験)
18,000円(3教科以上受験)
(成績通知を希望する人は+800円が必要になります)

センター試験
利用式

10,000〜30,000円
一般入試 30,000~60,000円
(大学によって金額は異なる)

センター利用と一般入試を併願した際に割引になる大学が多いとしても、30,000〜50,000円程度かかると考えたほうがよいでしょう。

医学部は他の学部に比べて、受験料が高く設定されているのが一般的です。さらに意外と忘れてしまうのですが、受験会場までの交通費でしょう。遠方の人はホテルなど滞在費が上乗せされます。国公立2校と私立1校を受けると仮定すると、出願費用だけで10万円はかかってしまいます。

国立大学医学部でかかる費用

国公立は学部に関わらず学費が一律であることがほとんどです。ただし、2003年度までは全国一律で入学金と授業料が定められていましたが、2004年度以降は標準額の10%を上限として、大学ごとに学費を決められることになりました。そのため大学によって多少金額は異なりますが、相場はほぼ同等の金額と考えていいでしょう。

では超難関の医学部受験を突破して、国立大学医学部に入学できた場合いくらかかるのでしょうか。

初年度に入学金がかかりますが、学費は年間55万円程度と非常に低く設定されています。6年間医学部に通うとしても学費は330万円、入学金を入れても卒業するまでの学費はトータル350万円ほどで押さえられます。

一般的に医学部は学費が高いというイメージが強いですが、国立大学は全体的に学費がおさえてあるため、サラリーマン家庭でも医学部に進むことが十分可能です。ただし、そのぶん非常に人気が高く、どの大学も競争率は高くなっているのが現状です。

私立大学でかかる費用

一方、私立大学の医学部は大学によって大きく異なりますが、総じて国公立に比べると学費が高いのが特徴です。全国に医学部のある私立大学は29校ありますが、6年間の学費総額は平均で約3,300万円といわれています。国公立と比べると、およそ10倍もの差があります。そのため、私立大の医学部に進むには、相当の経済力が必要不可欠となります。

くわしく見てみると、全国で最も学費が安い私立大医学部は順天堂大学で、入学金を含めた6年間の学費総額は2,080万円。逆に最も高いのは川崎医科大学で、6年間の学費総額は4,550万円。最安と最高では2,500万円近い差があることがわかります。しかも29校のうち半数以上が平均値の3,300万円以上と、これだけ見ても私立大学の学費が高額であるかがわかります。

よほど裕福な家庭でなければ医学部に進むこと自体が困難になります。そのため、私立大学の中でも学費の安い大学に志願者が集中しやすく、競争率が高くなり合格者の偏差値が高くなる傾向があります。

各大学では奨学金や優待生など、成績優秀者に学費を減額・免除する制度を設けたり、奨学金制度を利用する学生も少なくありません。

医学部受験を突破するための戦略

ページ上部へ戻る