• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
Home » 医者になるには?キホン知識 » 医者になるまでに最短どのくらいかかる?

医者になるためのキホン知識
最短で医者になるには何年かかる?

医者とは国家資格を取得していることが絶対条件の職業です。国家資格を取るには医学部を卒業する必要があり、免許取得後に2年以上の研修を受けることが義務付けられているので、医者として活動できるまでにかかる期間は決まっています。

医者として一人前と呼ばれ病院に勤務する、または開業して自分の病院を持てるまで最短でどのくらいかかるのでしょうか?ちょっと気になる医者と年齢の関係について考えてみましょう。

医者と年齢について

医者になるまでの期間とその年齢

医者になるためには、まず大学の医学部に入学し、6年間かけてさまざまな知識を身につけることになります。その後、医師国家試験にパスし、2年以上の研修をこなして初めて医者としての資格を手にできます。
現役で医学部のある大学に入学し、順調に研修をこなしていけば、最短8年で医師として独り立ちできるでしょう。

一人前と呼ばれる年齢

最近では義務化されている2年間の研修で終わるケースは少なく、その後3~5年間の後期研修を受けた上で特定の診療科の認定医または専門医へ配属されます。そうして初めて一人前の医者と呼ばれるようになります。

開業医になる平均年齢

開業医になるには、自分が手がける診療科で一定のキャリアを積む事以外にも、開業に必要な資金や経営力など医学以外のスキルが求められます。そのため、研修を終えてからも約10年は大学病院などで経験を積む人が多いようです。

医者になるまでの最短期間とその年齢

医者として活動するには、国が認可した医師国家免許を取得していることが大前提です。もちろん免許なしに医療行為を行った場合は犯罪となりますので、必ず免許を取る必要があります。では医師国家免許はどうすれば取得できるかというと、大学の医学部や医科大学を卒業していることが受験の条件。医学部は6年制ですから、医師国家免許を取得できるまでは、最低で6年かかることになります。

医師国家免許を取得すれば医療行為は行えますが、免許取得したばかりの医者は臨床経験が皆無ですから、免許取得後に医療現場で研修医として2年以上の経験を積むことが法律で義務付けられています。大学病院などで内科や外科、小児科などさまざまな診療科をローテーションで経験し、上級医や指導医の下について、患者の治療にあたります。

研修期間が終了すれば、ようやく医者として単独で患者を担当できるようになります。通算すれば、医学部に現役合格して18歳で入学し、卒業後に医師免許をストレートでパスした後、2年間の研修を終了すれば、高校卒業から最短で8年、26歳で医者として独立できる計算になります。

最短8年で医者になるため、今できること

医者になるために、最短でも8年。仮に、浪人したとしたら約10年の歳月を要することになります。この期間はどうやっても省略できないため、医学部への入学、国家試験など、要所で足止めを食らわないことが何よりも大切。医学部受験に特化した予備校に通い、受験合格を確実なものにしていくのが重要です。

個人では知りにくい出題傾向や最適な志望校の提案、スケジュール管理など、幅広く対応してくれるのでおすすめです。下のボタンから戦略的な医学部受験に定評のある予備校を紹介しているページに移動できます。受験は頭脳戦。効率よく勉強して、確実に医学部に入学しましょう。

医学部受験を突破するための戦略

学力だけじゃダメ!医学部合格に必要な「戦略」とは

一人前と呼ばれる年齢

しかし、最短で医者になれても「一人前」かと言われれば、疑問符がつくかもしれません。最近では義務化されている2年間で研修を終える人は少なく、さらに研鑽を重ねるため3年目以降も研修を続けるのが一般的です。

免許取得後の1~2年は初期研修、または前期研修と呼ばれ、研修医(レジデント)としてさまざまな診療科での経験を通して、自分の進みたい診療科を決めます。その後、3?5年は後期研修医(フェローシップ)として選択した診療科で担当医師から指導をあおぎ、専門分野での実績を積みます。

この後期研修期間に進みたい科の認定医や専門医としての資格を取得し、ようやく一人前の医者と認識されることが多いようです。

免許取得後の4~5年間を研修期間と考えると、一人前と呼ばれるには高校を卒業して約10年、年齢にすると30歳前後となります。ただ、一生研鑽を積む必要がある医者という仕事において「一人前」の定義は非常にあいまいで、人によって考え方は異なります。あくまで目安として高卒後10年、と考えておきましょう。

開業医になる平均年齢

研修期間を終えた後の進路は人それぞれで、大学病院に残る人、中小規模の病院に勤務する人、大学で研究職につく人、実家の病院を継ぐ人、開業する人など、さまざまなケースがあります。

医者になるからには、自分が考える理想の医療をめざして開業したいという夢を持つ人も多いことでしょう。また最近では医師不足などの諸問題から、病院の勤務医や研修医としての勤務は相当ハードだと言われています。当直が多い肉体的な疲労や、人間関係などによる精神的ストレスから、疲弊して開業を考える人も少なくないようです。

ただし開業医になるには医者として知識と経験を積むだけでなく、開業するための資金や不動産の確保、経営スキルの養成など医学以外の知識や財力が必要になるため、ある程度の年齢になってから開業するのが一般的な流れといえそうです。

日本医師会が会員を対象に行った開業医の実情に関するアンケート調査によると、病院または診療所を新規開業した医者の平均年齢は41.3歳であることがわかりました。高卒後から計算すると、医学部、研修医時代を経て、他の病院や医療機関で10年以上のキャリアを積んだ後にで開業していることになります。

ページ上部へ戻る