• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
HOME » マンガでわかる!医者になるまでの流れ » 医者になろうと決意

医者になるまでの流れ
医者になろうと決意

医者になりたい!と思ったら、まずは知っておきたい基礎知識

医者になるには、医学部のある大学に6年間通い、その後に国家試験を受けて医師免許を取らなければならない。

医師免許を取った後は、研修医として2年間、各診療科を周っていく。その後も勉強が不要になることはなく、つねに新しい医療知識を学ぶ。

医者になるためには、勉強を楽しむ意識が必要。医者になることを心に決めた秀一は…。

医者になるために必要な条件とは

医者になるために大前提となるのが「医師免許の取得」です。

医師免許は「医療行為を行ってもいいですよ」と国に認められた国家資格で、取得するには国家試験に合格することが求められます。

ただし医師国家試験は医学部を卒業した人の9割が合格すると言われています。つまり医学部を卒業できれば、医者になれることはほぼ確実ということ。

むしろ医者になるために最も重要な条件は「医学部に入学して、ちゃんと卒業する」ということになります。

医者になるまでの大まかな流れ

全国には国公立、私立大学ともに医学部を設けている学校が、およそ80校あります。

ただし他の学部と異なり、医学部は大学によって受験科目や必要とされる学力、学費等の条件が大学によって異なるため、どの医学部を狙い、合格するためにはどの教科や単元に力を入れるべきか、考えながら勉強することが最初のポイントとなります。

医学部に入学すると、6年間かけて座学と実習で医療従事者に必要な知識を身につけた上、医師国家試験を受験します。

みごと医師免許を取得したら、今度は2年以上病院で研修医としてさまざまな診療科で臨床経験を積むことになります。

研修期間は義務化されているので、医者になる人は必ず通る道。ハードな研修医生活をクリアすれば、はれて1人前の医者に!

通算すれば、高校から現役合格で医学部に入学して医者になれるまでには、最短で8年間かかります。

医学部のある日本の大学まとめ

国立大学 42校

旭川医科大学 北海道大学 弘前大学
東北大学 秋田大学 山形大学
筑波大学 群馬大学 千葉大学
東京大学 東京医科歯科大学 新潟大学
富山大学 金沢大学 福井大学
山梨大学 信州大学 岐阜大学
浜松医科大学 名古屋大学 三重大学
滋賀医科大学 京都大学 大阪大学
神戸大学 鳥取大学 島根大学
岡山大学 広島大学 山口大学
徳島大学 香川大学 愛媛大学
高知大学 九州大学 佐賀大学
長崎大学 熊本大学 大分大学
宮崎大学 鹿児島大学 琉球大学

公立大学 8校

札幌医科大学 福島県立医科大学 横浜市立大学
名古屋市立大学 京都府立医科大学 大阪市立大学
奈良県立医科大学 和歌山県立医科大学 -

私立大学 29校

岩手医科大学 自治医科大学 獨協医科大学
埼玉医科大学 北里大学 杏林大学
慶應義塾大学 順天堂大学 昭和大学
帝京大学 東海大学 東京医科大学
東京慈恵会医科大学 東京女子医科大学 東邦大学
日本大学 日本医科大学 聖マリアンナ医科大学
金沢医科大学 愛知医科大学 藤田保健衛生大学
大阪医科大学 関西医科大学 近畿大学
兵庫医科大学 川崎医科大学 久留米大学
産業医科大学 福岡大学 -

省庁大学 1校

防衛医科大学校 - -
マンガでわかる!
医者になるまでの流れ

ページ上部へ戻る