• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校

医者になるまでの流れ
医学部の学生生活

忙しくも充実した学生生活

あこがれの医学部に入学する日がやってきた。超難関の受験が終わって解放され、喜びいっぱいで準備を進める秀一。けれど、大学で待っていたのはさらなる勉強漬けの日々だった。6年間の医学部時代の間に、学生が学ぶのは一般教養から専門科目、臨床実習、レポート提出と課題てんこもり。実習をこなしながら医師国家試験や卒業試験の準備と、最後まで気の抜けない毎日が続く。

医学部の学生生活って?

過酷な受験戦争を勝ち抜いてひと安心。念願の医学部に入学でき、これからは楽しいキャンパスライフを満喫!なんて考えていたら甘い甘い。実は本当に大変なのは、ここからなのです。他の学部と違い、医学部は学ぶ科目が多い上に、レポート提出も頻繁のため、常に時間に追われる多忙な日々が続きます。留年する人も珍しくないほどの厳しさだけに、気を抜かずに1年1年を大事に過ごすことが重要です。

医学部6年間の歩み

医学部の1年次は他学部と同じく一般教養を中心に学びながら、早期病院体験と呼ばれる医療現場での実習も行われ、医者としての心構えや医療現場の実態について学んでいきます。学校によっては専門科目が始まる場合もあります。

2年次からは専門科目が中心。生理学や薬理学、生化学、組織学、解剖学などの基礎医学、社会医学をはじめ内科学、外科学などの臨床医学を学んでいきます。同時に各診療科目でさまざまな実習をこなしていきます。その集大成として、4年次の最後に「全国共用試験」と呼ばれる試験を受験。試験はペーパーテストと実技があり、これにパスできないと5年に進級することができません。

5年次からは、いよいよ本格的な臨床実習が始まります。大学の附属病院などで先生につき、カルテの書き方や採血などの実技経験を積んでいきます。6年次は臨床実習漬けの毎日に加えて、卒業試験と医師国家試験に向けて猛勉強する必要があり、かなりハードな毎日が待っています。

こうしてぶじ全ての課程をクリアして卒業が見込めると、毎年2月に行われる医師国家試験を受験することになります。医師国家試験は医学部卒業が前提となるため、卒業が見込めない人は試験を受けることができないので注意が必要です。

私たちの学生生活~医学部生の体験談

「1年生から実習があり、病院実習や動物の解剖実習を行いました。2年生からは人の解剖実習もあると聞いています。医学部ってもっと勉強ばかりしているイメージでしたが、意外とみんなサークルや部活を楽しんでいて、インカレに出ている人もいますよ」(1年生)

「4年次に研究室での研究実習があるため、他の医学部よりカリキュラムが前倒しで行われているようです。2年次が結構大変みたいですが、海外研修のチャンスなどもあってやりがいがありますね」(2年生)

「1〜2年が教養学部で、他学部の生徒と一緒になることも多いので結構楽しい。そのぶん3年次から医学部のカリキュラムがかなりきついです。同級生もみんな勉強家なので、自然と勉強漬けになる習慣がつきました」(3年生)

「私立のせいか、とにかく実習が充実しています。教養学科や第二外国語の授業も少なく、実習と臨床に特化した学校という印象です。寮生活なので人間関係は濃密。楽しいことも多いですが、自分のペースをキープするのが難しかったりもします」(4年生)

「全部の授業に出席しないとテストで不利になったりして、スケジュールが過密になりがちです。とにかく忙しいのひとこと」(1年生)

マンガでわかる!
医者になるまでの流れ

ページ上部へ戻る