• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
HOME » マンガでわかる!医者になるまでの流れ » 合格発表…その結果は?!

医者になるまでの流れ
合格発表…その結果は?!

現役合格は至難のワザ。どうすれば合格できる!?

超難関といわれる医学部受験では、現役高校生の合格率は半数以下といわれている。高い学力や偏差値も大事だが、大学によって出題範囲や科目が大きく異なる医学部受験においては、志望校の傾向にあわせて必要な知識を効率よく覚えることが重要。受験に失敗し、やみくもに勉強するのではなく、綿密な戦略を立てて計画的に勉強を進めることが必要なのだと知った秀一は…。

医学部受験に合格する人・不合格となる人の割合

医学部の現役合格は他学部に比べて極端に少なく、あるデータによると比較的現役生の多い国公立でも現役生の合格者率は半数に満たないといわれます。

現役率が低い原因のひとつには、医学部人気の高まりがあります。もともと難易度が高いといわれる医学部ですが、長引く不況や政情不安から若者の安定指向が高まる傾向にあり、また震災後に人命を救う医療従事者への関心が高まっているなどがその理由。年々医学部志願者が増加し、結果的に合格率は低下傾向にあるのです。

医学部受験に失敗…不合格の原因は

医学部に落ちてしまった人の声を分析してみると、膨大な出題範囲に苦戦していることが伺えます。また、私立の場合は各校の傾向にあった対策もしなければなりません。

これらに真っ向勝負を選ぶか、効率的に「選択と集中」を行うかで、その後の結果は大きく変わってきます。

<医学部受験に不合格だった体験談>

「とにかく受験勉強がしんどかったです。やらなければならない勉強が多いのはもちろんですが、何をすれば合格できるのか、独学では全くわからず精神的に追い詰められました」

「3浪で合格した今思うのは、医学部に合格するのはとんでもなく超難関だってことです。多浪生が多いのもうなずけます。とにかくやることが多い。そして、学校によって対策が違いすぎる。特に国公立か私立かで対策が全然違います」

「医学部に合格できるのは、必死にがんばって成績を上げることができて、しかも入試当日にベストの状態で最高の成績を残せた人だけ。入試日に照準を絞って、その日にいい成績が出せるように逆算して行動できるかどうかが重要」

医学部受験では、単純な学力だけでなく、いかに志望校の傾向を把握して対策できるか、年間スケジュールを立てて計画的に勉強できるか、といった戦略が大切。

最近は、ウェブ上にも有用な情報が沢山公開されています。医学部に強い専門予備校の中には、各医学部の過去問をダウンロードできるところもあるほどです。

勉強も大切ですが、医学部受験はそれ以上に、選択と集中がものを言う世界です。情報収集は怠らないようにしましょう。

医学部受験に失敗しないために必要なこと

また医学部合格で重要なのが、2次対策。2次試験は大学ごとのカラーが如実に出るため、受験科目はもちろん出題範囲も大きく異なります。いかに志望校の傾向をつかみ、事前準備をしっかりできるかどうかがカギとなります。

現役合格が難しいのは、この志望校別の対策が進まないことにあるといえるでしょう。志望校に求められている学力を集中的に強化するという、ターゲットに合わせた対策が医学部合格には欠かせません。

また小論文や面接など、二次試験にしかない要素をどう準備するかも合否の分かれ目。特に最近では学力だけでなく、医者にふさわしい人材かどうかを見極める傾向が強く、学校によっては筆記試験合格者の8割が面接で落とされるという話もあるほど。そう考えると、総合的な学力・偏差値アップだけでなく、志望校に的を絞った対策や二次試験への準備がどれだけできるかが合格への近道といえるでしょう。

マンガでわかる!
医者になるまでの流れ

ページ上部へ戻る