• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
HOME » マンガでわかる!医者になるまでの流れ » 今日から本当に医師!

医者になるまでの流れ
今日から本当に医師!

医師への最後の関門、国家試験と研修医について知りたい!

無事医学部を卒業した秀一に待っていたのは、医師国家試験と病院での2年間の研修期間。この2つをクリアしなければ、1人前の医者にはなれないのだ。特に過酷なのが、研修医時代。睡眠時間も確保できない激務をこなしながら、医者に欠かせない実践力やチームワーク、コミュニケーション力を養っていく。秀一ははたしてクリアできるのか…?

医学部を卒業したら

医学部受験、6年間の医学部生活と、大変な毎日を送ってきたあなた。本当にお疲れ様です!いよいよ医者デビューが近づいてきました。

クライマックスに待っているのは、医師国家試験と研修医という2つの壁。これをクリアして、ようやく一人前の医師として活動することができます。国家試験は医学部卒業が必須条件。卒業と同時に医師免許を取得する人がほとんどです。免許を取って卒業すれば、2年間の研修医生活が待っています。この2つをクリアして、ようやく1人前の医師として認定されます。

医師国家試験ってどんなもの?

医師国家試験は毎年2月中旬に行われる試験で、これに合格して医師免許を取得しない限り、医療行為を行うことはできません。医学部受験は超難関で知られますが、医師国家免許に関しては受験者の9割が合格するといわれ、司法試験など他の国家試験に比べて圧倒的に合格率が高いことで知られます。

ただし、受験するためには医学部卒業が必須とされているため、実質的には難関の医学部を突破し、6年間にわたる膨大な知識と実習経験を身につけた集大成ともいえる存在。医学部生活の集大成として6年間の全てをつぎ込んでのぞみたいところです。

試験は3日間にわたって実施され、一般問題、医学総論医学各論、臨床実地問題などトータル500問もの問題が出題されます。医学に関するすべてが出題範囲となりますので、一夜漬けではとてもできません。6年間コツコツ積み上げた結果の合格ですので、日々の勉強がイコール受験対策となります。

合否発表については試験の1ヶ月後となる毎年3月中旬頃に管轄の厚生労働省ホームページ等で発表されます。

過酷な研修医はタフでなければならない

医師免許を取れば、医師として独り立ちできるわけではなく、2年間の研修期間が義務付けられています。研修医とは、いわゆる医者の見習い期間。この間にさまざまな診察科を経験し、最終的に専攻する科を絞り込んでいくことになります。

研修医は別名「レジデント」と呼ばれます。レジデントとは英語で「住み込み」という意味。つまり住み込むほど献身的に働くことで、医者としての素養を身に付ける期間だということです。

初期研修と後期研修で違いはありますが、基本的に研修医は「医者の卵」ですから、多くの業務を担当して経験を積むことになります。誰よりも早く病院へきてカンファレンス、病棟回診、カルテの記入、勉強会出席など、1日中さまざまな業務をこなします。月に数日は当直もあり、急患が入ると研修医がまず患者への問診や応急処置などを担当することになり、緊張の日々が続きます。

研修医生活は激務のひとこと。体力だけでなく精神的にも追い詰められる人も少なくありません。また家族がいる人は家庭生活に影響も出かねないので、タフな精神力と家族の協力を支えに乗り切りましょう。

マンガでわかる!
医者になるまでの流れ

ページ上部へ戻る