• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
HOME » マンガでわかる!医者になるまでの流れ » 予備校で頑張る日々

医者になるまでの流れ
医学部予備校で頑張る日々

苦手克服、仲間との交流…医学部専門予備校ってこんな生活

現役合格に失敗したことで、医学部に合格するにはもっと戦略的な受験対策が必要だと悟った秀一。事実、医学部に入学した人の半数は浪人生で、予備校で鍛えられて合格する人が多いのだ。

医学部受験に特化した専門予備校で医学部受験情報に精通したプロのサポートを受け、合格を勝ち取った学生も多いという。

医学部予備校に通うメリット

2010年度の文科省調査によると、国立大学医学部に合格した現役生は4割強にとどまっていることがわかっています。

私立大の結果を含めても、現役合格率は半数ほど。つまり医学部生の2人に1人は浪人を経験している計算になります。

1浪だけでなく2浪、3浪といった「多浪」が多いのも、医学部の大きな特徴といえます。 それだけ医学部受験は厳しいということがわかりますが、では浪人生のうち、自宅浪人(宅浪)と予備校通いのどちらを選択する人が多いのでしょうか。

答えは、大半の学生が予備校で何らかの指導を受けているといわれています。

浪人生の多くが寮のある医学部予備校へ通っている

浪人生の大半が予備校通いを選ぶのは、医学部受験の高い壁を独学で突破するには限界があるからです。

医学部には全国の優秀な現役生はもちろん、受験突破のために多くの時間を費やしてきた浪人生が受験してきます。

けれど私大を除くと医学部の定員は厳しく管理されているため、結果的に競争率は上昇。また出題範囲も大学によって大きく異なるため、医学部受験を制するには相当の準備が必要とされます。

予備校では受験に精通したプロ講師によって、徹底した指導が受けられるのが最大の魅力です。自力で把握しづらい弱点や苦手強化を確実に克服でき、1年を通じて計画的な学習が可能になります。

特に医学部受験に特化した医学部専門予備校は、大学ごとの入試傾向を熟知しており、志望校に照準を絞って勉強できるのもメリット。自分の特性や得意分野などを考えて、最適な医学部を勧めてくれるなど、進学相談も受けられます。

医学部予備校選びのポイント

医学部受験に無駄は禁物! いかに限られた時間を有効に使い、必要な学力だけを必要なだけ備えられるかが合格のカギです。

もちろん宅浪で自分を律しながら計画的に勉強できるならそれもよし。でも、ひとりで1年間戦っていく自信がない、もっと効果的に学習を進めたいという人には、予備校をうまく利用するのも1つの方法です。

予備校にはそれぞれ独自のスタイルがあります。たとえば個別指導を得意とする学校もあれば、集団授業をモットーとする学校、名物講師が多数所属する学校、レベル別クラス分けを行う学校、アットホームな校風が魅力の学校など。自分はどのタイプの学校が合っているのか、情報をチェックして比較することが大切です。

また自宅から通える範囲かどうか、周囲の環境はどうか校内の設備はどうか、環境も細かくチェックしてみましょう。

自宅から遠い学校でも、電車が比較的空いていて自習可能な路線だったり、ターミナル駅に近く早朝から深夜まで自習室が使える学校であれば、遠くても勉強に専念できるかも?

通学が難しい場合は、学生寮を利用できるかどうかもチェック項目に入れておきましょう。

学校によっては1コマ、1科目から受講できたり、Skypeなどのオンライン指導など、カリキュラムやサービスもさまざま。自分の都合や予算にあわせて上手に取り入れる受験生も多いようです。

マンガでわかる!
医者になるまでの流れ

ページ上部へ戻る