• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校

医学部合格のための勉強法まとめ
社会人編

最近では他の学部に入学した人や、社会人になった後で医学部に入りなおす「再受験者」が急増しています。現在、医学部への再受験者は4万人近くにのぼっており、合格者も少なくありません。社会に出て初めて医者になりたいと思った人もいれば、医者の道をあきらめきれず再チャレンジする人もいるでしょう。医者不足が叫ばれる中、志を持った人が1人でも多く医療の道に入ってくれれば、こんな素晴らしいことはありません。とはいえ再受験者にとって医学部受験は、イバラの道であることも覚悟しておかなければなりません。

勉強時間をどれだけ捻出できるか医学部合格のカギ

社会人が受験に不利になってしまう原因に、時間不足と学力不足が挙げられます。仕事を持つ社会人は、どうしても受験勉強に使える時間を十分に確保できないという問題があります。1日12時間勉強しても足りないと言われる難関の医学部受験は、働きながら合間に勉強する程度ではとても歯が立ちません。

ましてや大学を卒業して時間がたてばたつほど学力も集中力も鈍っているため、現役生や浪人生と比べて大きなハンディを抱えることになります。標準レベルの学力まで戻すだけでもひと苦労という人も少なくありません。仕事をやめて受験に専念するかどうかは事情によりますが、1分でも1秒でも多く勉強時間を確保できる道を模索することが重要です。

また医学部の中には、再受験者や年齢の高い受験者の受け入れに厳しい大学も存在します。社会人の受験は短期勝負。だらだらと勉強するのではなく、集中的に勉強して学力を上げ、1年で結果を出せるよう戦略を練りましょう。

学士編入という道もある

大学を卒業した社会人の場合、一般入試を受験する以外に「学士編入」をめざす方法もあります。一般入試を再受験する場合、現役生や浪人生と全く同じ条件で受験することになりますので、社会人にとってハンディは大きくなります。その点「学士編入」は大学卒業者(学士)が医学部の教養課程以降の2年次又は3年次に編入学できるというもので、一般入試に比べると倍率も低く、社会人にとっては有利な受験方式といえます。

学士編入試験は大学によって形式が異なり、一般に開示される情報が少ないため対策が練りにくいのが難点ですが、多くの医学部では1次試験で英語と生命科学系(生物、物理、化学のいずれか)の筆記試験、2次試験で面接と小論文を実施するのが一般的。科目が少ない分、準備がしやすいメリットがあります。

学士編入は全ての大学が行っているわけではないので、まずはどの大学を受験するかを決め、受験勉強する科目を絞り込みましょう。同時に自分の学力を確認すること。学士編入には全国から学力や学歴が高い受験生が集中するため、経歴や学力に自信がない人は再受験を選ぶ人が多いようです。

医学部予備校を味方に付けて合格を狙う

社会人が受験レベルまで学力を上げて大学に入りなおす、ということは簡単なことではありません。ましてや難関で知られる医学部。医学部の入試傾向は大学によってクセがあるため、まずは気になる医学部が再受験者の受け入れについてどう考えているのかチェックし、再受験可能な場合は医学部の入試科目や出題範囲を確認し、入試に必要な科目に照準を絞って受験対策を進めてください。

また、再受験者は専門学校をうまく活用することをおすすめします。最近では医学部受験に特化した予備校でも、増加している再受験者のための専門コースを設けている学校が増えています。会社と両立しながら通えるカリキュラムもありますし、1科目だけ受講できるコースもあります、夏期、春期などまとまった時間を確保できる時期に短期集中講座を受講するのもいいでしょう。

医学部専門予備校は医学部受験に関する最新情報を入手していますので、独学ではわからない受験情報を仕入れられるメリットもあります。上手に利用して医学部合格を引き寄せましょう!

医学部受験を突破するための戦略

ページ上部へ戻る