• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
HOME » 絶対合格!医学部受験のための勉強法まとめ » 学力だけじゃダメ!医学部合格に必要な「戦略」とは

医学部受験のための勉強法まとめ
学力だけじゃダメ!
医学部合格に必要な「戦略」とは

医学部合格に必要な戦略。それは、すごくシンプルで、誰しも一度は聞いたことがある故事に表されています。

彼を知り己を知れば百戦殆からず

これは、2500年以上前に書かれた中国の兵法書「孫子」の一節です。勝負を分けるのは、情報に基づく綿密な戦術である、という趣旨の格言ですね。よく医学部受験は情報戦だと言われますが、まさにその通り、情報こそが医学部攻略のカギとなります。

では、なんの情報が必要なのか。
それこそが、孫子に表された「彼=各校医学部の入試傾向」と、「己=自分の学力・性格」に当たります。

彼を知り己を知るための最短ルート

戦略のイメージ

医学部受験は、大学によって出題傾向や得点配分が大きく異なります。そのため、出題傾向を知って集中的に勉強している人と、ガムシャラに試験範囲を勉強している人とでは、合格率も明らかに違ってきます。

また、各校の出題傾向がわかっていれば、志望校を選ぶ際に自分の得意分野と照らし合わせることで、偏差値にビハインドがあってもそれを覆せる可能性すら生まれてきます。

本当にささいな情報の有無が、合否を分けることも十分にあり得るのです。

そういった、質の高い受験情報を得るためにおすすめしたいのが、医学部受験に特化した予備校に通うこと。

<医学部受験に特化した予備校に通うメリット>

  • 全国の各医学部の長年の過去問を収集しており、出題傾向も把握している
    彼を知ることができる
  • 模試や校内テスト等で、自分では気づけなかった得意分野・不得意分野を明確にできる
    己を知ることができる
  • それまでの合格実績から、自分に最適の志望校を提案してもらえる
    勝算の高いフィールドで戦える

もちろん、ただ漫然と医学部予備校に通うだけではあまり意味がありません。「彼を知り、己を知る」という明確な目的意識を持った上で、医学部予備校の持つ情報力を活用しましょう。

とくに合格率の高い医学部予備校は、学生の得意分野と各医学部の特性を戦略的にマッチングしているところがほとんどです。本当に必要な分野に「選択と集中」をすれば、短期間でも劇的な成果が出せるはずです。

<戦略的な医学部受験に定評のある予備校>

代官山メディカル メディカルラボ メルリックス学院
代官山メディカル
【2016年度合格実績】
316
メディカルラボキャプチャ
【2016年度合格実績】
715
メルリックス学院
【2016年度合格実績】
284
<ここが戦略的!>

1クラス9名という少人数体制を採用。課題の進捗度など細かい学習管理を行っている

9段階に分かれたレベル別のカリキュラムで、学力に応じた受験対策を提案

午前・午後・夜間、それぞれのタイミング毎に、最適な課題を用意している

生徒の体験談を読む>>
※公式サイトへ飛びます
<ここが戦略的!>

全国に22校展開する情報網を生かし、各医学部の詳細な入試データを収集している

本来の志望校のほか、生徒の特性にあった受験校も加える受験校決定戦略を完備

生徒毎の学力と志望校の出題傾向を分析した上で、完全個別指導による学力向上を図っている

生徒の体験談を読む>>
※公式サイトへ飛びます
<ここが戦略的!>

1クラス9名以下という少人数制を採用。各人の個性を把握し、学力の最大化を図っている

受験生から入念な聞き取りを行い、推薦入試などあまり表に出ない試験内容も蓄積

スパイラル方式という、記憶の定着度を高める独自の授業体制を完備している

生徒の体験談を読む>>
※公式サイトへ飛びます

相性のいい医学部の探し方

虫眼鏡

志望校を偏差値や模試の判定結果で決める人は多いですが、実はそこに敗因が潜んでいることも。というのも医学部にはそれぞれ出題傾向に「クセ」があり、同じ偏差値レベルの医学部でも得点配分が違っているからです。

例えば同じ偏差値レベルのA、Bという2つの医学部があるとして、A校の英語の得点配分が200点、数学が100点、B校が英語100点、数学200点の場合、英語が得意な人はA校が、数学が得意な人はB校が有利になります。

物理と生物を選択できる場合は、大学によって物理選択が有利に働くこともあり、科目の選択についても検討次第で得点が期待できます。

また数多くの問題をスピーディに解くのが得意な人はマークシート式を採用している医学部が向いていますし、問題は少ないけれどじっくり考えるのが得意な人は記述式が向いています。

こうした自分の得意分野や教科と、医学部の出題傾向を照らし合わせて、より得点を稼げる「相性のいい医学部」を受験すれば、たとえ模試で合格ラインを下回っていても十分合格できるチャンスはあるはずです。

まずは自分がどんな形式の問題が得意なのか、どの科目、どの分野なら点を稼げるのか客観的に判断した上で、どの医学部を受験するべきか考えてみましょう。

全国版!合格実績が豊富な医学部予備校ガイド>>

ページ上部へ戻る