代官山メディカル メディカルラボ メルリックス学院
2018年
479

合格実績
を詳しく見る

2018年
903

合格実績
を詳しく見る

2018年
325

合格実績
を詳しく見る

  • HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
Home » 医者になる方法論~国立大学医学部ガイド » 気になる愛媛大学医学部の基本情報について(入試情報・奨学金制度)

国立大学医学部ガイド
愛媛大学 医学部について

愛媛大学では医学・看護学における専門的知識や優れた技術を学生に習得させることに重きをおいています。それにより医学・看護学分野の学芸を研究し、豊かな人間性や幅広い教養、高い倫理観を備えた人材を育成。最良の医療・保健・福祉を通して社会に貢献することをめざしています。

医学科では、学部の基本理念として「医学水準の向上を図り、得た成果を国民の保健衛生および医療に正しく反映させることで、地域社会に貢献する」ことを目指しているそうです。

また国際水準に対応したカリキュラムを構築するため、平成28年度の新入生から新しいカリキュラムを導入。新カリキュラムでは、実習内容を量的にも質的にも向上させています。また専門教育の授業時間を1コマ90分から60分に短縮。あえて時間を短くすることで学生の集中力を高め、日進月歩で進化する医学知識の習得に対応します。医学・医療を題材にし、「大学で学ぶとはどういうことか」「自学自習するとはどういうことか」をグループメンバーや教員とともに思考させる学習も行なっているとのこと。医学の基本である解剖学や生理学など医科学の基礎を迅速に習得させるために、1年次から「基礎医学展望」を導入しています。高校での学習から医学専門教育への橋渡しとしての役割を担っている科目です。基礎医学と臨床医学の分野で独自の教育や研究体制を確立し、分野の枠を超えた協力体制で教育を行なっています。

2018年度 医学部入試情報

募集人数

入学定員:110人(前期40人、後期25人、推薦45人)

  • 出願期間:1/15(月)~1/31(水)16時
  • 試験日:前期2/25(日)~
  • 合格発表日:前期3/7(水)

前期【センター試験】5教科7科目 計550点

教科 科目名 配点
国語 200点
数I・数IA・数II・数IIB・簿記・情報から2科目 100点
物・化・生・地学から2科目 100点
英・独・仏・中・韓から1科目[リスニングを課す] 100点
地歴公民 世B・日B・地理Bから選択もしくは、「倫理・政経」 50点

前期【個別学力検査等】3教科 計700点

教科 科目名 配点
数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III 200点
「物基・物」・「化基・化」 200点
コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I 200点
その他 面接 100点

後期【センター試験】5教科7科目 計900点

教科 科目名 配点
国語 200点
数I・数IA・数II・数IIB・簿記・情報から2科目 200点
物・化・生・地学から2科目
※基礎科目の選択不可
200点
英・独・仏・中・韓から1科目[リスニングを課す] 200点
地歴公民 世B・日B・地理Bから選択もしくは、「倫理・政経」 100点

後期【個別学力検査等】学科試験なし 計300点

教科 科目名 配点
その他 小論文 200点
面接 100点

愛媛大学医学部前年度入試データ

出願実績(前期・後期の合計)

2017年度 2016年度
募集定員 167人 167人
志願者数 1101人 1558人
受験者数 778人 958人
合格者数 174人 178人

入学試験情報(前期/後期)

2017年度
満点(前期/後期) 550点/700点
最高点(前期/後期) 495点/606点
最低点(前期/後期) 450.8点/493.2点
平均点(前期/後期) 469.95点/539.89点

医師国家試験合格率

2017年 第111回医師国家試験、2016年 第110回医師国家試験

受験者 合格者 合格率
2017年度 117 103 88%
2016年度 129 115 89.1%

愛媛大学医学部の奨学金制度

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構(JASSO)が提供する、全国の学生に向けた奨学金制度です。無利息の第一種奨学金と利息付きの奨学金があり、経済的な理由により就学が困難な方に向けてサポートしています。申請後は学習面・人物面において選考が行われたのちに、制度を利用できるか判断されます。

愛媛大学修学サポート奨学金

特別な理由により経済的な困窮に陥った学生に対して、緊急・応急的に生活支援を支給する制度です。申込資格は、家計支持者の死亡や、家計支持者が会社の倒産・解雇等による失職といった家庭内の急激な変化に伴うものに限られています。これらの資格を持っていても、成績不振や学校が認めないものに対しては、制度を利用できないケースもあるので事前に大学の担当窓口に相談してみると良いでしょう。

愛媛大学「地域定着促進」特別奨学金

県外出身の学部学生が愛媛県内の企業や自治体・学校などに就職する最終年次の学生に支給される特別奨学金。愛媛県内に定住する予定のある方に限られていますが、優秀な人材が地域に根付くようにと設けられた制度です。

地方公共団体 ・民間育英会

日本学生支援機構と同様に学業成績が優秀であること、かつ経済的に就学が困難な学生に対する奨学金です。

  • 公益信託 池田育英トラスト
  • 公益財団法人 村田奨学会

医学科の学生も奨学金を受けることができるのですが、団体によっては通学する学部によって優待されるケースもあるようです。奨学金を提供している団体によって出願の手続きが異なるので、学内の奨学金掲示板などを参照してみると良いでしょう。

入学料免除及び徴収猶予

愛媛大学に入学する学生は下記のいずれかに該当し、申請があった場合について選考のうえ、入学料の全額または半額を免除する制度があります。

学部制の場合

入学前1年以内に、学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡したり、学資負担者が風水害等の災害を受けたりした場合、入学料の納付が困難であると認められたとき、また上記に準ずる場合で、相当の事由があると認められる場合に免除を受けられます。

大学院生の場合

経済的理由で入学料の納付が困難かつ学業優秀と認められる学生にたいして免除を行ないます。入学前1年以内に、学資負担者が死亡したり、風水害等の災害を受けたりしたことにより、入学料の納付が困難であると認められた場合。また上記に準じ、相当の事由があると認められた場合に入学料の免除を受けられます。

授業料免除・猶予

愛媛大学に入学する学生で下記のいずれかに該当し、願い出た者について選考の上、入学料の徴収を猶予する制度です。

経済的理由により納付期限までに納付が困難かつ学業優秀と認められる学生が対象です。入学前1年以内に学資負担者が死亡または風水害等の災害を受け、納付期限までに入学料の納付が困難と判断された場合が条件となります。入学料の免除又は徴収猶予を申請する場合は、入学手続時に必要書類等を提出しなければなりません。入学料を納付すると入学料の免除または徴収猶予の対象にならないため注意してください。ただし、入学料納入後に風水害等の災害により被害を受けたといった特別な事情がある場合は対象となることもあります。

愛媛大学医学部公式HP

大学基本情報

所在地

愛媛県松山市道後樋又10-13

電話番号

089-927-9000

学力だけじゃダメ!医学部合格に必要な「戦略」とは

医学部受験を突破するための戦略

ページ上部へ戻る