代官山メディカル メディカルラボ メルリックス学院
2018年
479

合格実績
を詳しく見る

2018年
903

合格実績
を詳しく見る

2018年
325

合格実績
を詳しく見る

  • HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
Home » 医者になる方法論~国立大学医学部ガイド » 気になる弘前大学医学部の基本情報について(入試情報・奨学金制度)

国立大学医学部ガイド
弘前大学 医学部について

弘前大学医学部は、1944年設立の官立青森医学専門学校を全身とし、東北で2番目に設立された医学部です。70年以上の歴史があり、これまで約6,400名もの卒業生を各医療業界に送り出しています。
医学科の教育課程における特色は「社会の変化に対応した教育」、「地域を志向した教育」、「リサーチマインドの育成」の3つ。1年次より早期臨床体験実習を実施し、6年次のクリニカルクラークシップでは4週間にわたる地域医療実習が義務付けられています。
さらに、地域医療入門や社会医学実習などのフィールドワークを取り入れ、被ばく医療学や医療倫理学、医療安全学といった社会のニーズに対応した授業を展開。3年次の研究室研修では、4ヵ月間みっちりマンツーマンで研究の指導を受けます。これらの教育を展開することにより、視野の広い柔軟な思考力を身に付け、地域に貢献する医師の育成を目指しているそうです。
そんな新潟大学医学部・医学科の気になる入学倍率は4.9倍(2017年度)。医師国家資格の合格率は90.1%と全国平均をやや下回る結果となっています。

2018年度 医学部入試情報

募集人数

122人(前期85人、推薦37人)

  • 出願期間:1/22(月)~1/31(水)
  • 試験日:前期2/25(日)~2/26(月)
  • 合格発表日: 前期3/6(火)

前期【センター試験】5教科7科目 計900点

教科 科目名 配点
国語 200点
地歴・ 公民 世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択もしくは、現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択 100点
数IA・数IIB 200点
物・化・生から2科目 200点
英・独・仏から1科目(リスニング含む) 200点

前期【個別学力検査等】2教科+面接 計900点

教科 科目名 配点
数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III 300点
コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II 300点
その他 面接 300点

後期

※後期の募集はありません。

弘前大学医学部前年度入試データ

出願実績(前期・AO入試の合計)

2017年度 2016年度
募集定員 112人 112人
志願者数 620人 1,079人
受験者数 549人  964人
合格者数 112人 112人

入学試験情報(前期)

2017年度 2016年度
満点(前期) 1,800点 1,800点
最高点(前期) 1493点 1,549点
最低点(前期) 1350点 1,430点
平均点(前期) 1,402.81点 1467.9点

医師国家試験合格率

2017年 第111回医師国家試験、2016年 第110回医師国家試験

新卒 既卒
受験者 合格者 合格率 受験者 合格者 合格率
2016年 121 116 95.9% 9 5 55.6%
2017年 121 109 90.1% 9 5 55.6%

弘前大学医学部の奨学金制度

弘前大学では、日本学生支援機構をはじめ、民間・地方公共団体など複数の奨学金制度を用意。その他にも、弘前大学独自の「岩谷元彰弘前大学育英基金」という奨学金制度も用意されています。成績優秀でありながら経済的余裕がなく、大学に通うのが困難な方に対するサポート体制が充実しているので、奨学金の利用を検討している方は一度担当の窓口に相談してみると良いでしょう。

日本学生支援機構の奨学金

学生として優秀な成績を残しながらも、経済的理由で修学の継続が困難な者に対し、独立行政法人日本学生支援機構が奨学金を貸与する制度。返還が必要な制度となっており、卒業・退学・貸与期間満了などにより、奨学金の貸与が終了した時点から月または半年単位で返還を行います。

地方公共団体・民間団体の奨学金

地方公共団体・民間団体が行なう奨学金には、大学を通して募集を行うものと奨学団体が直接募集を行うものの2つのパターンがあります。
弘前大学が取り扱っている奨学団体は現在約30団体。募集時期は4月~5月に集中する傾向があるため、希望する場合は事前に学務部学生課窓口もしくは出身地の都道府県または市町村の教育委員会・団体に問い合わせておきましょう。

岩谷元彰弘前大学育英基金

岩谷元彰弘前大学育英基金は、弘前大学の前身「官立弘前高等学校」の卒業生である、岩谷元彰氏の厚志によって設立された奨学金制度です。成績優秀でありながら経済的理由により修学が困難な学生に対し、1人あたり20万円の奨学金が給付されます。
また留学を希望する成績優秀者に対し、1人あたり5万円を留学費用の一部として給付。募集人数は20万円が10名程度(全学部・大学院含む)。5万円の留学費用は8名程度となっています。

弘前大学 医学部公式HP

大学基本情報

所在地

青森県弘前市在府町5

電話番号

0172-33-5111

学力だけじゃダメ!医学部合格に必要な「戦略」とは

医学部受験を突破するための戦略

ページ上部へ戻る