代官山メディカル メディカルラボ メルリックス学院
2018年
479

合格実績
を詳しく見る

2018年
903

合格実績
を詳しく見る

2018年
325

合格実績
を詳しく見る

  • HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
Home » 医者になる方法論~国立大学医学部ガイド » 気になる富山大学医学部の基本情報について(入試情報・奨学金制度)

国立大学医学部ガイド
富山大学 医学部について

富山大学は、日々進歩する医学の知識と技術を身につけ、豊かな人間性を備えた医療従事者を養成することを目的としています。臨床の各科に基礎医学の教員も加わってチームを構成。統合的に各臓器・疾患の教育を行うカリキュラムによって、例年の医師国家試験で合格率90%以上の高い水準を保っています。

昭和63年にWHOの伝統医学研究センターに指定され、国際的な教育研究の交流に貢献。平成5年には医学部に日本で最初の和漢診療学講座を開設するといった、医学学校としての実績は充分に重厚です。

教育カリキュラムでは、臨床教育を大学付属病院や県内外の病院で臨床実習を実施するのに加え、海外の病院でも臨床実習を取り入れているので、さまざまな観点から医学的アプローチができる人材へと遂げられるでしょう。

平成26年度から平成28年度までを遡ってみても、医学科の就職率は100%を継続しています。入学当初から在学、卒業後まで高いバイタリティを持って医学の道に邁進していく環境が整っているでしょう。

2018年度 医学部入試情報

募集人数

入学定員:105人(前期60人、後期20人、推薦25人)

※推薦定員は地域枠15以内、富山県特別枠10以内に設定

  • 出願期間:1/22(月)~1/31(水)16時※郵送のみ
  • 試験日:前期2/25(日)~2/26(月)
  • 合格発表日:前期3/8(木)

前期【センター試験】5教科7科目 計900点

教科 科目名 配点
国語 200点
数IAと数IIB 200点
物,化,生から2科目 200点
英,独,仏,中,韓から1科目[リスニングを課す] 200点
地歴公民 世B,日B,地理Bから1科目選択もしくは、「倫理・政経」 100点

前期【個別学力検査等】3教科 計800点

教科 科目名 配点
数IA,数II B(数列・ベクトル),数III 200点
「物基・物」,「化基・化」,「生基・生」から2科目 300点
コミュ英語II,コミュ英語III,英語表現I,英語表現II 200点
その他 面接 100点

後期【センター試験】5教科7科目 計1200点

教科 科目名 配点
国語 200点
数IAと数IIB 200点
物,化,生から2科目 350点
英,独,仏,中、韓から1科目[リスニングを課す] 350点
地歴公民 世B,日B,地理Bから1科目選択もしくは、「倫理・政経」 100点

後期【個別学力検査等】学科試験なし 計350点

教科 科目名 配点
その他 小論文 350点
その他 面接

富山大学医学部前年度入試データ

出願実績(前期・後期の合計)

2017年度 2016年度
募集定員 185人 185人
志願者数 1226人 1082人
受験者数 770人 785人
合格者数 193人 193人

入学試験情報(前期/後期)

2017年度
満点(前期/後期) 900点/1,200点
最高点(前期/後期) 835.6点/1,137.6点
最低点(前期/後期) 742.4点/1,058.4点
平均点(前期/後期) 782.8点/1,092.1点

医師国家試験合格率

2017年 第111回医師国家試験、2016年 第110回医師国家試験

受験者 合格者 合格率
2017年度 124 115 92.7%
2016年度 114 104 91.2%

富山大学医学部の奨学金制度

富山大学では、日本学生支援機構の奨学金の他に、地域に定住する人材に向けた修学資金制度が用意されています。大学だけでなく、地域でも人材育成の支援が根付いており、県外から訪れた学生を対象にした奨学金制度が利用できるでしょう。

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構が提供する奨学金制度で、無利子と有利子の支給方法があります。無利子の奨学金は3~5.1万円。有利子の場合は3~12万円の貸与が受けられます。

日本全国で展開されている制度なので、就学が困難な場合は大学の学生支援課窓口を訪ねてみてください。

富山県地域医療再生修学資金【前期コース】

臨床研修修了後、県内の公的病院等において、診療に従事する意思のある学生に対して、月額4万円の貸与を受けられる制度です。申請資格は医学科1~4年次のみに限定。

臨床研修修了後、直ちに県内の公的病院等の医師として勤務して、貸与機関の2倍以上の勤続期間に相当したとき、返還義務が免除されます。

富山県地域医療再生修学資金【後期コース】

臨床研修修了後、県内の公的病院等の小児科・小児外科・産科・麻酔科・救急科・総合診療科など、いずれかの科において診療に従事する意思のある学生へ、月額7万円の貸与を受けられる制度です。申請資格は医学科5・6年次に限定。

臨床研修修了後、直ちに県内の公的病院等の医師として勤務して、貸与期間の1.5倍以上の勤続期間に相当したとき、返還義務が免除となります。制度を利用するには対象の配属科が限定されていることに注意が必要です。

地方公共団体・民間団体による奨学金

大学の学生支援課や学部ごとに設置している掲示板に、奨学団体の募集受付内容が掲載されています。奨学団体ごとに受付の時期が異なるので、適宜確認しておくと良いでしょう。利用できる奨学金制度には次のようなものがあり、大学の部だけでなく、大学院の部でも募集を行なっています。

  • 富山県奨学生
  • 富山県大学院奨学資金

入学料免除及び徴収猶予

入学する1年以内において学資負担者が死亡または、本人や学資負担者が風水害等の災害を受けた学生に対して選考が行われ、学長が承認した場合に入学料の免除を受けることが可能です。

経済的理由によって納付期限までに入学料の納付が困難といった場合には、徴収猶予が適用される配慮も用意されています。

授業料免除

学資負担者が死亡、本人もしくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合など、経済的な理由によって授業料の納付が困難な場合、授業料の免除出願をすることが可能です。

富山大学学生支援センター会議において、選考基準に基づいた基準を満たす学生から選出されます。免除額の範囲は、納付すべき授業料年額半期分から全額もしくは半額が対象となります。

富山大学医学部公式HP

大学基本情報

所在地

富山県富山市杉谷2630

電話番号

076-434-2281

学力だけじゃダメ!医学部合格に必要な「戦略」とは

医学部受験を突破するための戦略

ページ上部へ戻る