代官山メディカル メディカルラボ メルリックス学院
2018年
479

合格実績
を詳しく見る

2018年
903

合格実績
を詳しく見る

2018年
325

合格実績
を詳しく見る

  • HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校

医学部専門予備校まとめ
アイメディカ

2018年度 合格実績
不明

アイメディカ引用元:http://www.ai-medica.jp/

医学部専門予備校ガイド
アイメディカ編

2014年の医学部進学率が100%という高い実績を誇るアイメディカ。

生徒一人ひとりの状況を把握し、それぞれに合った学習プランの計画、指導をしてくれるのが強みです。

夏と冬には合宿を行い、基礎固めや得意分野を伸ばすことができます。

また、医学部受験に精通したプロの講師陣は、授業内容はもちろん、コミュニュケーション力でも生徒からの評価は上々!春には無料体験授業を開催しているので、独学に限界を感じている人は、受けてみるのもアリかもしれません。

アイメディカ受講生の口コミ評判

  • 以前は、大手の予備校に通っていました。しかし、思うような結果を得られず落ち込んでいたところ、姉から紹介されたのがアイメディカです。入学を決めた理由は、通常授業の後に行われるRWT(講義内容の理解度チェック)という夜間学習。授業では、復習はもちろん自分では準備できない量の問題に取り組み、苦手分野を克服することで合格できました。
  • 僕が合格できたのは、夏と冬に行われる合宿の成果だと思います。ホテルで一週間みっちり勉強すると聞いたときは、少し抵抗があったものの「自分のタメだ!」とはっぱをかけ、参加を決意。そのおかげで、苦手教科に力を入れられました。アイメディカに入学して、本当によかったです。
  • アイメディカは、効率よく学習できる環境が整っています。夕方から夜にかけて行うRWT授業では、先生がつきっきりで教えてくれ、授業で理解できなかった箇所を気軽に質問できました。不得意な科目に関しては、個別授業でカバーすることができます。効率のよい勉強法が合格への近道となるので、みなさんもアイメディカで、夢をつかみ取ってください!
  • 先生方にはたくさんのアドバイスをして頂き、とても感謝しています。私が通っていた高校は受験対策をしていなかったので、医学部で出題されるような難しい問題を解く機会ありませんでした。それを察した担当の先生が、基礎から応用までしっかりと教えてくれたのです。先生方の献身的な指導がなければ、合格できなかったと思います。
  • アイメディカに入学する前の私の偏差値は50以下。しかし、そこから懸命に努力して見事合格することができました。夢を勝ち取れたのも、自分に合った学習プランの提案や、すぐに質問できる環境を整えてくれた先生方の支えがあったからです。ありがとうございます。「医者になりたい!」と本気で思っている人におすすめです。
  • アイメディカの塾長さんは、勉強のことだけではなく、進路や私生活のことまで気にかけてくれました。そのため、何か不安なことやわからないことがあればすぐに相談できる環境で、居心地が良かったです。また、予備校の校舎はコンパクトで、同じ空間に授業を受けている人と自習している人がいたため、常に本気モードの雰囲気を感じながら勉強することができました。そのおかげで、勉強に対するモチベーションは下がらなかったです。少人数制なのに加え、勉強に集中しやすい空間があったおかげで、受験にフォーカスした生活を送ることができました。
  • 私がアイメディカに通い始めたのは、2浪目の秋という遅い時期。地方出身だったので、都会での寮生活というまったく異なった生活環境にも不安がありました。そんな中でも、アイメディカの先生方が勉強や日常の細かい部分まで気を配ってくださり、そんな不安はすぐ解消されました。もちろん、4ヶ月という短い期間で、合格できるかどうかは心配でした。ですが、今の自分に何が足りておらず、どこを補うべきかを明確にしてくれた先生方の指導のおかげで無事合格!遠くから上京してくる受験生の方でも、安心して勉強できる環境だと思います。
  • アイメディカの授業は朝から夕方まで。「朝から夕方」と聞くと長く聞こえますが、その日習ったことの復習や応用をこなすあいだに1日が終わっていきました。やるべきことを自力でこなすだけではなく、先生から自分のすべきことを丁寧に教えてくれ、サポートを受けながら勉強を進められました。結果的に、質を保ちながら、勉強量を確保することが可能に。夕方以降は、その日習ったことを復習するほか、予習を先生がチェックしてくれる授業もありました。ずっと自習をしているわけではなかったので、とてもサポートが充実している環境で勉強できたのがよかったです。
  • 私は現役のとき、地方の高等学校に通っていました。そのため、医学部受験がどういうものかを知る機会があまりありませんでした。私立大学を受験するも、一次試験で不合格。こんな状態からアイメディカに通いはじめ、なんと1年で医学部合格を勝ち取ることができました。合格できた最大の理由は、アイメディカのRWTにあると思います。RWTは、夜に先生が生徒一人ひとりの実力に応じて作成したプリントを解くという、アイメディカの特別システム。その日の講義の理解度をチェックできるので、ただの「わかる」から「解ける」ところまで発展させることができました。
学力だけじゃダメ!医学部専門予備校合格実績まとめ

アイメディカのカリキュラム・授業について

アイメディカは、学習カリキュラムがしっかりと組まれている予備校です。なかでも特徴的なのは、16時~21時まで行うRWT(夜間授業)。
授業では、その日に勉強した内容の理解度テストや応用問題、苦手科目の克服などを行います。担当講師が常駐しているので、わからない問題をすぐに質問できるのが魅力です。
また、答えだけではなく、解き方も厳しくチェックしてくれるので、効率的な解き方を身に付けられます。生徒たちからは「RWTのおかげで効率よく勉強できた!」と評判です。復習が嫌い、苦手な科目が克服できない…と悩んでいる人に、アイメディカはおすすめですよ。

サポート体制について

生徒一人ひとりへの手厚いサポートが、アイメディカの魅力です。生徒の得意分野や弱点を細かく把握するために、マンスリーテスト(毎月行われる模擬試験)を実施。その結果をもとに、学習計画の組み立てや、アドバイスをしてくれます。
プランに納得がいかないときや、講師を変えてほしいなどの要望があれば、すぐに対応してくれるので安心です。また、勉強だけではなく、2次試験の対策もバッチリ!模擬面接を行い、言葉遣いや入室方法など、細かいところまで教えてくれますよ。

寮生活について

アイメディカは、より良い環境で勉強してもらうために、条件の良い学生寮を紹介してくれるようです。
男子学生用や女子学生用、教室から徒歩2分で通えるところなど、自分のライフスタイルに合わせた寮を選ぶことができます。医学部受験では、やる気はもちろん、学習環境も重要なポイント。その点、アイメディカなら、自分のライフスタイルに合った寮で集中して受験勉強に臨めますよ。

医学部専門予備校・アイメディカの詳細情報

学費

本科コース
入学金330,000円 個人別カリキュラム初期作成費用150,000円
年間授業料1,500,000 円 教材費240,000 円
施設費/指導費240,000円

所在地

校舎名 所在地
本校 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-1 高山ランド第12ビル7F

有名講師で選ぶ医学部予備校

  • 合格実績重視なら

    可児先生

    画像引用元:https://www.medical-labo.com/cp/lecture/lecture_2.html

    可児先生のいる
    メディカルラボ

    著書多数の実力派講師が授業を担当

    「あなたの医学部合格をかなえる成功の9ステップ」をはじめ、医学部受験についての著書を多数執筆。

    可児先生の
    指導力は?

  • 指導歴重視なら

    清水先生

    画像引用元:https://integra-edu.jp/lecturers/

    清水先生のいる
    INTEGRA

    NHKにも協力する教育全般のプロ

    慶応、順天堂、聖マリアンナ大など数々の大学での指導実績を持ち、その指導歴は26年を誇るベテラン講師です。

    清水先生の
    指導力は?

  • 著名度重視なら

    橋本先生

    画像引用元:https://keioshingakukaifrontier.com/teachers/

    橋本先生のいる
    慶応進学会フロンティア

    TV出演多数の講師が教える受験

    フジテレビ「グッディ」、「とくダネ」など、多数TV番組・メディアで取材された経験があります。

    橋本先生の
    指導力は?

医者になるまでの流れ

ページ上部へ戻る