• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校

医学部専門予備校まとめ
一会塾

2016年度 合格実績
4

一会塾

医学部専門予備校ガイド
一会塾編

一会塾は2014年、神奈川県の東武蔵小杉に開校した予備校です。

予備校自体が新しいので、合格実績は多くありません。

しかし、開校10ヶ月で順天堂医学部や愛知医科、早稲田など、難関大学の合格者を出すほどの実力があります。

一会塾は少人数ならではの、きめ細やかな指導が自慢。

予備校代表者の山口滋朗をはじめ、大手予備校で映像授業をしている、人気と実力、共にある講師陣が対面で講義を行っています。

直接疑問や質問が聞けるので、生徒の理解力をあげ、授業へのモチベーションを高められるのです。

一会塾受講生の口コミ評判

  • 以前受講していた塾の講師が一会塾に移ったので、私も塾を変えて入塾しました。すごくわかりやすくて面白い授業をする先生で、おかげで勉強のやる気が続きました!前の塾と違って、授業を受ける生徒が少人数体制なので、わからない部分があると質問できるところが良かったです。
  • 過去問や参考書を勉強するよりも、先生たちが毎週配ってくれるプリントのほうがすごくわかりやすいです!基礎はできるけれど応用が苦手なので、プリントを何度も復習、つまずいたら自習室で先生に質問…。これをくり返していたら、苦手意識がなくなりました!
  • 予備校の場所が武蔵小杉にあるので、いろんな路線から通えるのが良かったです。駅から近いのは良かったけれど、路地裏っぽい少し暗がりな場所にビルがあるので、夜遅くに歩くのは少し怖いかな…。立地条件はちょっと微妙?でも、普段映像授業をしている有名な先生と直接!しかも少人数で!講義を受けられるのは、すごい贅沢だなって思います。無理に受験勉強しているんじゃなくて、自分からもっと学びたい!って思える予備校です。
  • 自分の苦手科目は生物。でも、先生の教え方がすごく自分にマッチしていて、思考問題の点数がグンと上がりました。「生物を暗記で乗り越えるのは無理」と言われたのは目からウロコ。確かに暗記するより考察問題を解く方が、効率が良かったです。苦手科目を克服し、無事に志望大学に合格。自分の努力もそうですが、先生たちの教え方と熱意のおかげだと思います。

一会塾のカリキュラム・授業について

一会塾の授業は「少人数編成で、わかるまで教える」がモットー。講師たちは担当教科のプロであると同時に、講義のわかりやすさや面白さを教えるスペシャリストです。実力ある講師陣が、生徒一人ひとりとやり取りをして、理解度を確認していく授業が人気。また、カリキュラムでは、生徒にあったオリジナルテキストを講師が毎週作成しています。

サポート体制について

「もっと知りたい!ハイレベルな授業が受けたい!」という生徒のために、オリジナル教材を使った個人指導が受けられます。パーテーションで区切られた半個室の自習室で、集中的に自習または講師とみっちり勉強ができるんです。

その他にも、学力到達度テストや現役医師による講演会など、さまざまな企画が一会塾にはあります。この企画は「誰でも」「無料」で参加可能!受講生だけではなく、一会塾が気になる人や、医学、薬学に興味がある人が講演会に参加できるのもポイントです。

寮生活について

一会塾から徒歩3分の好立地な「ドーミー武蔵小杉」は、家具・家電・食事付きの提携寮。各部屋に勉強机やベッドはもちろん、バスやトイレも完備されているので、周りを気にせず集中して勉強ができます。もちろん、寮生たちが集まれる広い共同リビングも◎。勉強に行き詰ったら、みんなで勉強会や息抜きもできますよ。

また、ひとり暮らしを考えている生徒にも、しっかりとしたサポートがあります。不動産資格を持つ講師が、物件探しや引っ越しのバックアップをしてくれるのです。はじめてのひとり暮らしは不安がつきもの。勉強に集中できるよう、生徒の悩みや相談に親身に接し、手続き完了まで責任をもって対応してくれます。

一会塾の詳細情報

学費

入塾金:高卒生100,000円(現役生は半額)

授業料:1科目年間115,200円(前期12回、後期12回)

※税不明

このほかに光熱費・施設維持費の諸経費がかかります。

高卒生:医学部コース、薬学部コース

現役生:単科制で1教科から受講可能。

高卒:私立医学部志望者で週13講座、薬学部志望者で週6講座受講が標準です。

所在地

校舎名 住所
川崎校 〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東2丁目-926 かねまつビル3F

ページ上部へ戻る