• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校

医学部専門予備校まとめ
KPCゼミナール

2016年度 合格実績
不明

KPCゼミナール

医学部専門予備校ガイド
KPCゼミナール編

生徒と質疑応答しながら授業を進める独自性の高いスタイルに定評

KPCゼミナールでは、最大でも6人という少人数形式で授業を行っています。授業は質疑応答形式で進められるので、主体性を持って学習を進めることが可能。

教材については、スキナーという米国の心理学者が生み出した、着実にステップアップしていけるよう体系化されたものを採用。高い合格率を実現しています。

医学部専門予備校KPCゼミナールの口コミ評判

  • 化学・英語のために、高校3年生の夏からKPCに通い始めました。遅めのスタートでしたが、暗記すべきポイントを効率よく教えてもらえて、自分でも驚くくらい記憶力がよくなったと思います。志望校にも無事合格することができ、感謝しています。
  • 化学と物理を受講しました。小人数制ということもあり、わからないことをすぐに確認できる環境で、合理的に学習を進めることができました。ゼミ形式の学習というのは、自分に合っていたと思います。また、テキストが良いので、応用力を短い時間で身に付けることができると思います。
  • KPCゼミナールに通い始めてから、自分が曖昧なままで勉強してきた部分を自覚させられ、基礎からみっちりやり直すことができました。少人数制で、気軽に質問できるというのもよかったです。無駄のない、確実性の高い方法で学習を進められ、自信をもって本試験に臨むことができました。
  • 無駄のない勉強ができます。少人数制で抗議やテキストがわかりやすいのに加え、間違った問題をしっかりフォローしてくれるので、思った以上のスピードで得意分野を伸ばすことができました。苦手だった英語も克服でき、KPCゼミナールの講義が実力アップにつながったと思います。
  • 友人と一緒にKPCゼミナールの春期講習を受けました。その時の授業が自分に合っているように感じたので、本格的にこちらで授業を受けてみることに。大学レベルの内容を噛み砕いて解説してくれた授業や、語呂合わせによる暗記問題対策のおかげで、飛躍的に成績が良くなりました。

KPCゼミナールのカリキュラム・授業について

KPCゼミナールの特徴は、最大でも6人という少人数体制で行われるゼミ形式の授業。講師がただ講義するのではなく、生徒自身が主体性を持って質問をし、それに答える形で授業が行われていくため、個々人が苦手とする分野も自然と対策されていきます。

また、人数が少ない分、講師陣も生徒一人ひとりに対してしっかり目を配り、理解度を確かめながら学習を進めていくことができるため、効率よく成績を伸ばすことができるとされています。

サポート体制について

KPCゼミナールに所属している講師は、大手予備校と兼任で授業を受け持っている実力派揃い。長年にわたり受験生を指導してきた受験のプロフェッショナル集団であるため、授業の理解度はもちろん、受験に付きまとうさまざまな悩みにかんしてもしっかりフォローしてもらうことができます。

また、定着・演習に軸を置いた、実践的な指導を行っているので、時間配分や重視すべき問題といった戦略的な試験対策も身に付けることが可能です。

寮生活について

学生寮の紹介制度があります。寮生活の具体的な情報はありませんが、授業形式や教材など、効率の良い学習方法にこだわっているだけに、寮についても配慮が行き届いているものと想像されます。くわしくはお問い合わせください。

医学部専門予備校・KPCゼミナールの詳細情報

学費

予算に応じてカリキュラムを作成。

全校舎の所在地

校舎名 住所
広島校 〒732-0821広島市南区大須賀町14-16スギイビル 6F

ページ上部へ戻る