• HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校

医学部専門予備校まとめ
長井ゼミ

2017年度 合格実績
不明

長井ゼミ引用元:http://www.nagaizemi.com/

医学部専門予備校ガイド
長井ゼミ編

現役医師が校長を中心に、国私立大医系学部受験に精通した講師スタッフが合格を全力でサポート

広島で難関校・医学部受験に特化した有名校として知られる長井ゼミ医系学舎広島は、現役医師が主宰する国私立大医系学部受験専門予備校。医学部に精通した講師スタッフだからこそできる実践的な指導と、受験勉強に専念できるきめ細かいサポートで、受験生の「絶対合格する!」をバックアップしています。

医学部専門予備校・長井ゼミ受講生の口コミ評判

  • 1年目は宅浪していましたが、ひとりで勉強していると孤独感に何度も襲われ、何をどうすればいいのかわからなくなってしまい、長井ゼミに入りました。最初は得意だと思っていた数学や理科まで躓くことばかりでしたが、不明点があるときはいつでも質問でき、最後までサポートしてもらえてよかったです。
  • 中学生から長井ゼミに通いましたが、授業がとにかくわかりやすいです。問題集もすごく充実していたので、フル活用して受験勉強しました。テキストをやって、わからないことは質問して、理解できてOK!というくりかえしをしたことで、無事合格できたと思います。わからないことはしつこいくらい先生に聞きに行ったことがよかったんじゃないかと思います!
  • 現役時代は医学部受験を甘く考えていたので、浪人したことで長井ゼミに行こうと決めました。ここは先生と生徒の距離が近く、適切な進路指導が受けられること、自習室が個人に割り振られること、同じ医学部をめざす人ばかりで空気が引き締まっていることなどが自分に向いていたと思います。
  • 長井ゼミに通うようになって、受身だった勉強姿勢から貪欲に学びに行こうとするようになりました。個性豊かな仲間とも出会え、やる気が出てテストでも上位に入るようになり、2年間のつらい浪人生活をへて医学部に合格。長井ゼミでは人生の基盤となる経験ができました。
  • 長井ゼミ医系学舎は学費が良心的で、自分専用のロッカーや固定席もあり、他の予備校に比べて充実していると思います。文系科目が苦手で、センター模試ではさんざんな結果でしたが、基礎からみっちり指導してもらったおかげで、センター試験では逆に文系に助けられて150点も上げることができました!
  • 高1のとき、化学のテストが180人中140番目ぐらいという最悪な点を取りました。ですが、勉強に励んだ結果、100点を取り、順位表にも掲載されました。長井では競争心を煽ってくれるところが魅力だと思います。加えて、長井は最低限の予習復習しか課されないので、学校の勉強との両立が可能でした。実力のあるプロの先生が授業をしてくれるので、徐々に自分に力がついていることを実感できました。高3の夏には学校でトップクラスに入り、医学部にも合格。どこの予備校に通うか迷っている方は、長井の門を叩くべきだと思います。
  • 私は高1の冬に、友達の誘いで長井ゼミに通い始めました。先生が質問用メールアドレスを公開してくれたおかげで、質問予約や勉強方針の相談をメールで聞けるなど、先生と良い距離間を保ち、勉強することができました。また、長井ゼミオリジナルの問題集は、何を勉強するべきか迷う本番直前の心の支えにも。長井ゼミの先生はもちろん、長井ゼミで一緒に勉強した友達にも感謝しています。話せる友達がいれば、少し面倒くさくても授業に出ようと思えましたし、センター試験前に緊張しているときに気を紛らわせてくれました。受験は団体戦だということを教えてもらいました。
  • 医学部に合格するためのノウハウや今までの合格実績から、長井に通うことが一番だと思い入学を決断。授業の質が高く、定期的に行われる単元テストに挑むことで力が付き、いつの間にか問題が解けるようになっていました。しっかりと授業の予習、復習、特に復習をして成績を上げた人が周りにもたくさんいたので、やはり、長井の環境はすごいなと思います。途中で体調を崩したり、精神的に折れたりしたこともありましたが、最終的には医学部へ合格できたので、医学部に行きたい方は長井ゼミをおすすめします。
  • 私は部活の関係で、高2まで塾では英語の授業しか受けていませんでした。長井ゼミを選んだきっかけは、高3になって、数Ⅲについて何も知らないことに不安を覚えたときです。一学期から二学期のあいだで数Ⅲの授業を終えることができると知り、すぐに通い始めました。少人数制授業のおかげで、わからないところはすぐに解決でき、前から塾に通っていた人のペースに追いつくことができたと思います。また、テキストがわかりやすかったので、本番直前でも役に立ちました。どんな質問にも真摯に対応してくれた先生たちにはとても感謝しています。
学力だけじゃダメ!医学部専門予備校合格実績まとめ

長井ゼミのカリキュラム・授業について

長井ゼミ医系学舎広島では現役医師である長井学院長をはじめ、医学部受験や医現場に精通した講師スタッフを擁し、たんなる詰め込みでは通用しない医学部受験を突破するための実践力を養う独自のカリキュラムを用意。オリジナルテキストで自ら解法を導きだす応用力を身に付け、レベル別クラス編成や頻繁に実施されるテストで、学習内容を確実に定着させます。

全国模試の結果はすぐに個人カルテに反映させ、定着状況に応じて今後の学習方法をカウンセリング。必要な学習が行き届くよう細心の配慮がほどこされています。

コース内容について

長井ゼミでは国公立大医学部の志望校レベルにあわせて3つのクラスを用意。広島大学をはじめ難関校をめざす「国公立医学部クラス アルファ」、中堅国公立校をめざす「国公立医学部クラス ベータ」、基礎力養成を中心に中堅校をめざす「国公立医学部クラス ガンマ」があり、いずれも30人以下の少人数授業と毎日の確認テスト、学期ごとの単元まとめテストを実施し、厳しい受験を勝ち抜く力を身につけます。

また大学ごとに入試傾向が大きく異なる私立受験をめざす人には、私立医学部鍛錬コースを新設。1クラス5名以下の少人数授業と個別指導、定着度を高めるための反復テスト、毎週のカウンセリングを組み合わせ、年々難易度が上がる私立大医学部受験に備えます。

サポート体制について

長井ゼミでは「わかるまでとことん指導」をモットーに、弱点を放置せずに苦手科目や単元を確実の克服できるよう、個別指導講師と各科講師、カウンセリングスタッフが連携を取り、1人1人をしっかりサポート。精神的に不安定になりやすい受験生のために、心理士スタッフが常駐しメンタル面のサポートも行います。

また2次試験の要となる面接対策では現役医師が面接官を担当。医療現場に携わる人間として何が問われるのか、具体的なアドバイスを提供します。自習室には生徒1人1人に固定席を用意し、夜10時まで心置きなく勉強に専念できるよう環境を整備。遠方から通学する生徒のために、家具家電完備の学生寮も用意しています。

医学部専門予備校・長井ゼミの詳細情報

学費

国公立医系学部クラス[アルファ]、[ベータ]、[ガンマ]共通:入学金100,000円 基本授業料660,000円 諸費90,000円 合計850,000円

私立医学部鍛錬コース:入学金100,000円 基本授業料270,000円 諸費2,700,000円 合計3,000,000円(全て税込)

※個別指は別途料金がかかります(詳細は要問合せ)

所在地

校舎名 所在地
広島校 〒732-0821 広島県広島市南区大須賀町15-6
医者になるまでの流れ

ページ上部へ戻る