代官山メディカル メディカルラボ メルリックス学院
2018年
479

合格実績
を詳しく見る

2018年
903

合格実績
を詳しく見る

2018年
325

合格実績
を詳しく見る

  • HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
Home » 本気ならココ!医学部専門予備校まとめ » YMS(ワイエムエス)

医学部専門予備校まとめ
YMS(ワイエムエス)

2019年度 合格実績
236

YMS(ワイエムエス)引用元:http://yms.ne.jp/

医学部専門予備校ガイド
YMS(ワイエムエス)編

業界30年以上の実績。受験だけでなく将来有望な医師を育成する医学部専門予備校のパイオニア

1981年の開校以来、単なる受験対策にとどまらない医師としての心構えとスキルを育む教育理念で日本医学会を底上げしてきた医学部専門予備校のパイオニア。

少人数制の授業体制と医学部にしぼった講習内容、志望校に特化した二次試験対策など、総合的な学力を向上できると評判です。

学力だけじゃダメ!医学部専門予備校合格実績まとめ

YMS(ワイエムエス)のカリキュラム・授業について

YMS(ワイエムエス)のカリキュラム・授業の特徴

基本は20名程度の集団授業。テキストは、YMS在籍の教師陣によって作成され、医学部の過去問などを用いて入試日までのスケジュールを考慮のうえ、作成されています。本番に近い独自の模擬試験を毎月実施しているのも特徴です。生徒それぞれに担任がついて定期的に面談を行い、一人ひとりに勉強の進め方や学習内容のアドバイス、精神面のフォローなども手厚くおこなっています。

また、面接や小論文で求められる「医師の適正」を高めるために、考える力を磨き、鍛えるための授業や研究活動も。生徒同士の「自主組織」の活動も支援しています。こうした活動によって、医師を目指すモチベーションをさらに高め、学習意欲の向上に繋げています。

YMS(ワイエムエス)の講師

YMSの講師陣は採用時に、医学部受験の指導経験やその実績だけではなく、「人を好きで、熱量をもって指導できるか」も問われます。

さらに、授業の教師だけでなく、生徒に個別のスーパーバイザーと呼ばれる担任講師がつきます。担任講師は医学部受験指導において経験豊富な人材のみを選定。担当する生徒の学習進度や指導内容、生徒本人の状況などを俯瞰的に把握するだけでなく、担任講師同士での会議で全体での共有と分析も行われます。このように、学校全体で生徒一人ひとりをサポートする環境を整えているのです。

YMS(ワイエムエス)のイベント情報

季節ごとの短期講習は学科だけでなく、2次試験の対策講座も受講可能。また、医大別の講習会や模擬試験も実施しています。

また、新学年に進級する直前にスタート講座が行われ、通常授業を模したプレ授業を受けることも。体験として受講するのはもちろん、新学年に向けた基礎学力向上にもおすすめです。YMSの特色でもある「医のアート」、面接・小論文試験に向けた実践的授業も受けることができ、医療問題などに触れて知識を増やし、考える力を磨きます。

YMS(ワイエムエス)の模試

YMSの医大別模試は、5月から2月にかけておこなわれます。各大学の試験を徹底的に分析・研究して、それぞれの入試に沿った形で実施。結果通知も1週間程度と早いため、スムーズに次の学習計画が立てられます。答案と各教科・内容の詳細がわかる成績表は、その後の学習の大きな指針になるでしょう。

また、冬には医大別の直前講習会や二次試験対策を受けることもできます。模試とうまく組み合わせることで、志望校合格に照準を絞り、学習を進めることが可能です。

医学部専門予備校YMS(ワイエムエス)受講生の口コミ評判

  • 高2の3月まで部活を続けていたので、スロースタートを挽回するためYMSに入りました。クラスメイトとの学力差に焦りましたが、担任の先生の励ましで火がつき、その日からすべての時間を受験勉強に費やすことにしました。二次対策講座も最大限に活用し、ぶじ現役合格できました!
  • YMSの魅力は先生との距離の近さ、オリジナル模試、面接対策じゃないでしょうか。大手予備校の全国模試は年数回しかありませんが、YMS模試は毎月あるので定期的に自分の実力を確認できるのがよかったです。模試の成績が高いと学費が返還されるシステムもモチベーション上がりました。
  • YMSは医学部に特化しているので、医学部受験に大切な情報を手に入れられるのが大きかったです。志望校の傾向はもちろん、願書の書き方や学習方法など、志望校にしぼって必要なことだけを集中してできたので、志望校に合格することができました。
  • YMSには受験を制するというだけでなく、いい医者を育てようという信念があふれていて、本気で医者になりたいという気持ちを育んでくれる環境があります。受験勉強はもちろん、医者としてどう生きるか、という将来にわたる意思を固めることができて、YMSに入って本当によかったです。
  • YMSは少人数生なので先生と生徒の距離が近く、質問しやすさはもちろん1人1人の成績に合わせて授業を進めてくれるので無理なく学べました。また受験生活は精神面も厳しいですが、担任の先生が生活面や精神面のフォローまでしてくれえるので、全力で受験に立ち向かうことができました。
  • 小中高一貫の学校に通って私にとって、まず「受験をすること」それ自体が初めての挑戦でした。学校の定期テストは経験があっても、受験をしたことはなかったので、どのような対策をとるのが正しいのか自体よくわかっていなかったんです。YMSの先生は、そんな学力以前の問題をかかえていた私にも、適切な指導をしてくださいました。悩みや不安は常に先生が解消していってくれたため、孤独を感じることなく、未来を見据えて受験対策を行えたと思います。医師になりたいという気持ちや、なぜなりたいのかを常に意識して、合格を勝ち取れました。
  • YMSに入る前の私は偏差値30台で、本当に厳しいところからのスタートでした。無事に医学部受験を成功させられたのは、YMSのおかげだと思っています。週1の定期面談以外でも、話したいことをいつでもしっかり受け止めてくれた先生に感謝しかありません。YMSでは朝の時間を有効に使う試みがたくさんありました。朝7時15分に集合して英語を学んだり、数学の特別授業があったり。このおかげで、朝早くから勉強するという習慣をつけることができました。学習リズムをしっかりつけられたことは、自分で受験勉強をするときにも多いに役立つことでした。
  • YMSは、ただ学力を伸ばすためだけの塾ではありません。医学部に特化しているので、通っている学生はみんな将来医者を目指している仲間ばかり。だから「どういう医者になりたいのか」という、合格した後の将来を見据えた授業が取り入れられているんです。毎週やっている「医のアート」は、集団討論や面接を通して、医療の現場や医師を目指すことについて自分で考える授業。ただやみくもに勉強だけをしているだけでは身につかない力をつけられるし、面接対策としても素晴らしいと感じました。高いモチベーションを持って学習し続けられる塾です。
  • YMSに入学するまで、「大切なのは一次試験」という思いが根強くありました。二次試験はあくまでも補助的なもので、「一次試験でどれだけ点数をとれるかにすべてがかかっている」と。けれど、YMSで合格データなどを見せてもらった結果、そうではないことがわかりました。二次試験の面接や小論文をしっかりとることが、確実な合格につながるのです。YMSでは徹底的に二次試験の対策をしてもらえました。担当の先生と、どのような作戦で面接を突破するのがいいかじっくり話し合って、模擬面接を繰り返したことが、本番での成功につながったのだと思います。
  • いい意味で、なんだか普通の高校みたいです。ほかの生徒とのつながりもそうだし、先生とも高校の担任と話すみたいに自然に話せて、事務的すぎない近しい距離感で勉強できました。高校の延長みたいな感じで、そのうえ授業自体は医学部特化。まわりの友達もみんな同じ目標を見据えているっていうのは、本当にすごくいい環境でした。浪人生としてYMSで過ごした1年間は、大変なこともあったけど、それほど大きなストレスもなく、みんなと協力し合いながら頑張れたと感じています。それに、学費が高すぎないところも助かりました。あまりお金をかけずに国立医学部を目指したかったので、よかったです。
  • 小さな塾なので塾生同士も仲が良いし、生徒と先生の距離も近いです。だからこそ、先生はそれぞれの進路指導を熱心に細かく行ってくれるし、生徒同士で大学の情報を交換することもできます。ただし、授業のコマ数は多めで、予習と復習に追われる毎日です。正直きついですが、基礎をしっかり定着させられたと思います。おかげで応用力が試される難問も解けるようになりました。
  • クラスは生徒のレベルに合わせて、4つに分けられています。1クラス20人ほどなので、生徒同士仲良くなることができ、お互いに刺激し合える環境です。授業は1コマ90分と長すぎない時間で、最初から最後まで集中できると思います。進路指導については、一人の先生が何人かの生徒を受け持って、それぞれ相談に乗ってくれました。人数が少ないため、大手予備校よりも進路相談は手厚くやってくれますよ。
  • 医学部受験に特化した予備校なので、受験には欠かせない数学と物理の教え方については素晴らしかったです。毎月行われるテストも、勉強のモチベーションを維持させる材料となり、非常に役立ちました。ただし、どの教科においても、基礎ができていないと授業についていくのは厳しいと思います。また、大学の情報が豊富で、面接対策もきっちり行ってくれるので、一次試験を突破した人にもおすすめです。
  • 生徒には担任の先生がついて、進路指導を行ってくれます。私は授業外の時間で、週1回指導を受けました。試験での面接対策のほか、どのように勉強を進めていけばいいのかも教えてくださるので、どう勉強していいかわからず困っている人には向いていると思います。YMSにいる先生方は皆、医学部受験のプロですから、どんなことでもわかりやすく丁寧に説明してくれました。
        

コース内容について

高卒生

「高卒国公立本科コース」と「高卒本科コース」があります。「高卒国公立本科コース」は、国公立大学の医学部受験に対応したカリキュラムで、センター試験対策を踏まえた学習を進めます。

「高卒本科コース」は、私立大学医学部合格を目標としたカリキュラムを導入。科目ごとにクラスは学力分けされ、模試の成績をもとに数か月ごとに組み替えをおこないます。生徒が自身の学習レベルに合わせたクラスで学ぶことができるのが特徴です。

高三生

現役生は入試に関して選択肢が多く、学科や面接の対策をすべきタイミングが高卒生とは異なります。一般入試に向けては、国語と社会の講座も開講し、医学部受験に向けて効率的に学習が可能。同時に、推薦入試へのチャレンジも推進しており、志望大学に合わせた推薦入試の対策講座も開講しています。担任講師による的確なフォローで、現役合格へと導きます。

中3生〜高2生・留学生

高校2年生までは、Spireコースを受講可能です。学年の枠にとらわれず講座単位で受講ができ、学校の進み具合や教科ごとの習熟度に合わせて、それぞれに適した学習を進めることができます。「英語」「数学」「化学」「生物」「物理」を開講しており、問題演習の時間をじっくりと取ることで学力を強化。そのほか、短期講習会も開催しています。

また、「外国人留学生コース」もあり、こちらにも都内の日本語学校などに在籍する生徒が通っています。

サポート体制について

スーパーバイザーによる月一度の面接に加え、年2回の保護者面接、月1回の家庭通信、季節ごとの集中講習会、YMS模試など、さまざまな角度から受験生の学習・生活をバックアップするサポート体制を準備。30年の豊富な実績があるからこそできる、きめ細かなサポートが魅力です。

また成績優秀者だけが入れる本科コースや、外国人留学生コースなど、学力やステイタスに応じたサポートも受けられます。

寮生活について

遠方から通学する生徒のために、YMSでは通学圏内各地に学生寮を用意。食事付き、女子専用、オートロックなど各種タイプが用意されています。自宅では何かと生活の乱れが起きてしまい、学習ペースが不安的になりがちですが、寮生活では衣食住を整えることで受験勉強に専念することができます。

医学部専門予備校・YMSの詳細情報

入塾までの流れ

まずは、入学説明会へ参加します。説明会では、カリキュラムの詳細や担任講師の指導内容、面接や小論文対策などの特別授業について解説。個別の相談会も実施しているので、質問や進学相談なども可能です。

入学試験では、学科テストと面接の両方を受験します。学科試験の科目は、高卒生や高三生は、英語・数学・理科2科目、Spireコースでは英語と数学です。入学試験では、その時点の学力だけではなく、医学部試験でも重視される「医師としての適性」を考慮のうえ、合否が判断されます。

学費

くわしくは学校にお問い合わせください。

全校舎の所在地

校舎名 所在地
渋谷校 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-37-14

有名講師で選ぶ医学部予備校

  • 合格実績重視なら

    可児先生

    画像引用元:https://www.medical-labo.com/cp/lecture/lecture_2.html

    可児先生のいる
    メディカルラボ

    著書多数の実力派講師が授業を担当

    「あなたの医学部合格をかなえる成功の9ステップ」をはじめ、医学部受験についての著書を多数執筆。

    可児先生の
    指導力は?

  • 指導歴重視なら

    清水先生

    画像引用元:https://integra-edu.jp/lecturers/

    清水先生のいる
    INTEGRA

    NHKにも協力する教育全般のプロ

    慶応、順天堂、聖マリアンナ大など数々の大学での指導実績を持ち、その指導歴は26年を誇るベテラン講師です。

    清水先生の
    指導力は?

  • 著名度重視なら

    橋本先生

    画像引用元:https://keioshingakukaifrontier.com/teachers/

    橋本先生のいる
    慶応進学会フロンティア

    TV出演多数の講師が教える受験

    フジテレビ「グッディ」、「とくダネ」など、多数TV番組・メディアで取材された経験があります。

    橋本先生の
    指導力は?

医者になるまでの流れ

ページ上部へ戻る