代官山メディカル メディカルラボ メルリックス学院
2018年
479

合格実績
を詳しく見る

2018年
903

合格実績
を詳しく見る

2018年
325

合格実績
を詳しく見る

  • HOME
  • 医者になるまでの流れ
  • 勉強法まとめ
  • 再受験の教科書
  • 医学部合格の秘策
  • 医学部専門予備校
Home » 医者になる方法論~私立大学医学部ガイド » 気になる川崎医科大学医学部の基本情報について(入試情報・奨学金制度)

私立大学医学部ガイド
川崎医科大学 医学部について

「人間(ひと)をつくる、体をつくる、医学をきわめる」の3つを理念に掲げている川崎医科大学。経験や知識が豊富な教職員組織を全国から集めているため、レベルの高い学びが得られます。
医療に携わるものとして、全人的医療ができるだけにとどまらず、世の中から求められている専門性の高い医師の育成に努めている大学です。

プロフェッショナルな医師になるためには、深く研究に携わり、新しい医学をつくっていく必要があります。共同利用研究施設には「分子細胞生物ユニット」「医用生物研究ユニット」「総合医療センター研究ユニット」など合計5つのユニットのほか、研究機器や特殊設備、思う存分研究に携われる環境が用意されているのも魅力の1つ。
技術力だけでなく、患者の心に寄り添える人間性豊かな医師こそ人々に必要とされる医師と言えます。患者から信頼され、心優しい医師の育成にも力をいれているそうです。

日々進化し続けている川崎医科大学は、医療システムや教育システムの点検を常に実施。改善するべきことや取り入れるべきことを見極めて、変化することに躊躇しません。それによって、時代の最先端の医療を学べる環境が作られているのです。
川崎医科大学のキャンパスは自然環境が整った場所に建てられています。のびのびと学ぶためには周辺環境の良さも重要なポイント。技術力・人間性の優れた人材になるのに最適だと言えるでしょう。

そんな川崎医科大学の2017年に行われた国家資格試験合格率は92.5%となっています。高い合格率から、教師、学習内容、環境の良さが十分に整っていることがわかりました。
学費は入学金2,000,000円、授業料2,000,000円(初年度)で、教育充実費もいれた6年間で合計すると45,500,000円になりました。医科大学を検討している方は川崎医科大学をチェックしてみてくださいね。

2018年度 医学部入試情報

募集人数

入学定員:126名

  • 出願期間:12/1(金)~平成30年1/10(水)
  • 試験日:前期1/21(日)、後期1/26(金)~1/27(土)
  • 合格発表日:前期1/23(火)、後期1/31(水)

前期【センター試験】

記載なし

前期【個別学力検査等】3教科4科目 計350点

教科 科目名 配点
英コI,英コII,英コIII,英表I,II 100点
数Ⅰ,数Ⅱ,数Ⅲ,数A,数B「確率分布と統計的な推測」を除く 100点
物「物理基礎,物理」,化「化学基礎,化学」,生「生物基礎,生物」から2科目選択 150点
小論文

後期【センター試験】

記載なし

後期【個別学力検査等】

面接のみ実施

川崎医科大学医学部前年度入試データ

出願実績(前期・後期・推薦の合計)

2017年度 2016年度
募集定員 112人 112人
志願者数 3,265人 3,298人
受験者数 不明 不明
合格者数 113人 112人

入学試験情報(前期/後期)

2017年度 2016年度
満点(前期/後期) 不明 不明
最高点(前期/後期) 不明 不明
最低点(前期/後期) 不明 不明
平均点(前期/後期) 不明 不明

医師国家試験合格率

2017年 第111回医師国家試験、2016年 第110回医師国家試験

新卒 既卒
受験者 合格者 合格率 受験者 合格者 合格率
2017年度 106 98 92.5% 11 6 54.5%

川崎医科大学医学部の奨学金制度

川崎大学の奨学金制度は、学業・人物ともに優れているものの、経済的・金銭的理由によって修業が困難な学生に対して支援制度を取り入れています。
奨学金の種類は卒業後に返還する必要のある「貸与奨学金」と卒業後も返還が不要な「給付奨学金」、独立行政法人による「日本学生支援機構奨学金」などさまざま。大学独自の奨学金も用意しているようです。

日本学生支援機構奨学金

無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金の2つを用意しています。自宅通学、自宅外通学それぞれ貸予可能な金額が異なるほか、どこから通っても貸予できる奨学金も。貸予期間は採用が決まってから卒業するまでの間で、貸予できる人数は第一種25名、第二種37名です。

川崎医科大学特定診療科医師養成奨学金

川崎医科大学に在籍している4~6学年の生徒を対象としている奨学金です。医師免許を取得したのち、すぐに大学の附属病院にて診療業務を行う条件がついています。この奨学金は医師が不足している診療科で活躍できる人材を育て、深刻な医師不足を解決するためのものです。

その他奨学金

民間育英団体や地方公共団体による奨学金があります。

特待生制度

1~5学年の学生を対象としている奨学金です。大学の表彰規定において、成績優秀者だと認められると川崎学園育英かから奨学金(授業料相当額)を受け取れます。

川崎医科大学公式HP

大学基本情報

所在地

岡山県倉敷市松島577

電話番号

086-464-1012(直通)

学力だけじゃダメ!医学部合格に必要な「戦略」とは

医学部受験を突破するための戦略

ページ上部へ戻る